東海道新幹線の運転士が両足上げて運転 鉄道ファンのTwitterで発覚

最終更新■

東海道新幹線で、男性運転士両足を運転台に上げて運転していたことを、JR東海は9月8日に公表しました。

発表によりますと9月6日午後1時55分ころ、東京発名古屋行きの掛川駅-浜松駅間を走行していた東海道新幹線「こだま653号(700系電車16両編成)」の男性運転士(29)が、運転台に両足を上げた状態で運転していたということです。

鉄道ファンが沿線から両足を運転台に上げて運転している運転士の姿の写真をTwitter(ツイッター)に投稿したことで発覚しました。

JR東海によりますと、社内の規則では運転士は原則として、常時前を見ていることや、ブレーキやハンドルに手をかけて運転することが定められているということです。

男性運転手は社内の調査に対して「楽な体勢をしたかった」「10秒ほど両足を上げてしまった」などと話したということです。また「過去にも数回やったことがある」とも話した模様。

JR東海は取材に対して「運転士として許されない行為でおわび申し上げます。同じことがないよう指導を徹底します」などとコメントしました。また、新幹線の運転では警笛のペダルを足で操作するため「突発的な事故に対応できない可能性が高い」などとも話しました。

この男性運転士の行為についてインターネット上では「新幹線に乗るのが怖くなる」「見えないとこでこんなことしてるんだ」「くつろぎすぎ」「ちゃんと前見て運転してください」などと様々な声が多数見られました。

JR東海は、新幹線では速度超過している場合には、自動的に減速するシステムがとられており、すぐに危険を招く状態ではなかったとしていますが、不適切な行為だとして男性運転士を乗務停止にしました。

スポンサーリンク

東海道新幹線の運転士が両足を台に上げて運転…Twitterでの反応

東海道新幹線で、男性運転士が両足を運転台に上げた状態で運転していたことについて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

足を上げて運転した現場付近(静岡県浜松市中区砂山町)場所の地図

以下、新幹線の運転手が両足を台に上げて運転していた現場付近・静岡県浜松市中区砂山町の地図(Googleマップ)。

スポンサーリンク

この記事について

2016年9月8日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.