1日100万PVを超えることもあるニュース速報Japanで利用中の高負荷対応/高速サーバWordPress専用クラウドサーバー Sova WP
ミュゼ

広畑病院でホルマリン誤投与 全身神経痛の後遺症 姫路市広畑区夢前町

最終更新■

兵庫県姫路市広畑区夢前町の製鉄記念広畑病院で、内視鏡検査を受けた多数の患者に、ホルマリン液を誤投与していたことがわかりました。

発表によりますと去年7月22日と23日、姫路市広畑区夢前町の製鉄記念広畑病院で、この病院の医師らが内視鏡検査を受けた患者56人に精製水と誤って、ホルマリン液を投与していたということです。ホルマリン液を投与された患者は10代~80代の男女56人です。

ホルマリン液を投与された姫路市に住む70代の男性が、健康被害を訴えており、現在は全身の神経痛などの後遺症がのこっています。

この男性は去年7月22日、製鉄記念広畑病院で超音波内視鏡検査を受けた際、十二指腸にホルマリン液を120ml注入され、嘔吐や下血などの症状が出たということです。ホルマリン液とは、無色の透明で、刺激臭があり人間や動物に対して有害な水溶液です。

男性は10月13日、業務上過失傷害の疑いで、当時担当した製鉄記念広畑病院の内科部長の男性医師に対する告訴状を、兵庫県警網干署に提出しました。

取材に対して製鉄記念広畑病院は「ホルマリン液の運ぶ場所を間違えており、投与した医師も中身を確認しなかった」「中身を確実にチェックしていれば誤投与は避けられた」などとコメントしました。

現時点では、ホルマリン液を投与された他の患者に健康被害があったのかなどの詳しい情報はわかっておりません。

網干署は業務上過失傷害の疑いとして、ホルマリン液を投与した男性医師らから事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

兵庫・姫路市の病院で患者56人にホルマリンを誤投与

2016/10/13 16:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

業務上過失致傷罪…5年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金

姫路市広畑区夢前町の製鉄記念広畑病院で、患者56人にホルマリン液を誤投与…Twitterでの反応

姫路市の製鉄記念広畑病院で、内視鏡検査を受けに来た患者らに、精製水と誤ってホルマリン液を誤投与したことについて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

ホルマリンを誤投与した病院(兵庫県姫路市広畑区夢前町)場所の地図

以下、医師がホルマリンを患者に誤投与した現場・兵庫県姫路市広畑区夢前町3−1「製鉄記念広畑病院」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2016年10月13日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.