バス運転手を覚せい剤使用で逮捕 運行中に使用か 北海道中央バス

最終更新■

北海道札幌市北区新川の北海道中央バスバス運転手が、覚せい剤(覚醒剤)取締法違反の疑いで逮捕されました。覚せい剤を使用した状態でバスを運転していた可能性も。

覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたのは、札幌市西区八軒5西に住む北海道中央バスの路線バス運転手・阿部茂次容疑者(57)です。阿部茂次=あべ しげじ

発表によりますと阿部茂次容疑者は10月下旬~11月上旬の間、覚醒剤を使用した疑いが持たれています。

阿部茂次容疑者は以前から覚せい剤使用の疑いが持たれており、11月10日夜、警察が家宅捜索して尿検査をしたところ、陽性反応が出たため逮捕に至りました。

北海道警中央署によりますと、阿部茂次容疑者は10日午前中も、通常通りバスの運転をしていたことなどから、覚せい剤を使用した状態でバスの運行をしていた可能性が高いということです。

警察での取り調べに対して阿部茂次容疑者は「今は何も考えられない」などと供述しています。

バス運転手が覚せい剤を使用していたことなどについてインターネット上では「こんなバス乗りたくない」「危険すぎるだろ」「大勢の命を預かっている責任感を持て」「バスの事件多すぎだろ」などと様々な声が多数見られました。

中央署は覚せい剤取締法違反の疑いとして、阿部茂次容疑者から事情を聴くとともに、覚醒剤の入手ルートなどについて詳しく調べています。

北海道中央バスによりますと、阿部茂次容疑者は2006年10月入社し、過去に事故を起こしたこともなく、勤務態度も真面目だったということです。

きのうも運転か・・・バス運転手“覚醒剤”使用 札幌

2016/11/11 12:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

北海道中央バスの運転手を覚醒剤使用で逮捕、バス運転中に使用か…Twitterでの反応

北海道中央バスの運転手が、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたことで、バスの運転中に覚醒剤を使用していた可能性もあることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

バス運転手の勤務場所(北海道札幌市北区新川)場所の地図

以下、覚醒剤を使用してバスを運転していた男が勤務していた場所・北海道札幌市北区新川745−1「北海道中央バス 新川営業所」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2016年11月11日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.