ライフル銃が暴発し男性に銃弾が当たる死亡事故 遠野市附馬牛町

最終更新■

岩手県遠野市附馬牛町上附馬牛の野原で11月19日、鹿の猟をしていた男性のライフル銃暴発して、一緒に来ていた男性に銃弾が当たり死亡する事故が起きました。

発表によりますと11月19日午前6時40分ころ、遠野市附馬牛町上附馬牛の野原で、鹿の猟をしていた滝沢市に住む男性会社員(64)から「ライフルが暴発し、一緒に来ていた仲間に銃弾が当たった」などと、消防局に119番通報があったということです。

この通報を受け救急隊や警察官らが現場に駆けつけたところ、男性と一緒に猟に来ていた滝沢市鵜飼に住む獣医師・菅原克さん(37)が背中に銃弾を受け倒れていました。

菅原克さんは病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、間もなく死亡が確認されました。

岩手県警遠野署によりますと、事故当時、菅原克さんは軽トラックの助手席に乗っており、ライフル銃は荷台にあったということです。

軽トラックには荷台から助手席に銃弾が貫通したような傷があり、男性がライフル銃を置く際、誤って発砲した可能性があるとみて、警察は業務上過失致死と銃刀法違反の疑いで調べています。男性2人は猟銃を扱う免許を持っていました。

警察の調べに対して男性は「銃弾を入れた後、銃を荷台に置いた瞬間に暴発した」「引き金は引いていない」などと話した模様。

この事故に対してインターネット上では「猟って危険だな」「銃が暴発とかコワッ」「悲しい事故ですね」などと様々な声が多数見られました。

遠野署は業務上過失致死と銃刀法違反の可能性もあるとみて、男性から事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

シカ狩りの銃暴発 獣医師に当たり死亡 岩手

2016/11/19 19:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

業務上過失致死罪…5年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金
銃刀法違反(発射)…無期又は3年以上の有期懲役

遠野市附馬牛町でライフル銃が暴発、銃弾が男性に当たり死亡…Twitterでの反応

遠野市附馬牛町の野原で、鹿の猟に来ていた男性のライフル銃が暴発し、一緒に来ていた男性に銃弾が当たり死亡した事故について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

ライフル銃が暴発した事故現場付近(岩手県遠野市附馬牛町上附馬牛)場所の地図

以下、ライフル銃が暴発し男性に銃弾が当たり死亡した事故現場付近・岩手県遠野市附馬牛町上附馬牛の地図(Googleマップ)。

この記事について

2016年11月19日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.