姫路市飾磨区付城で集団登校の小学生の列に車が突っ込む事故 2人負傷

最終更新■

兵庫県姫路市飾磨区付城の市道で1月17日、集団登校中小学生の列に軽自動車が突っ込んだ事故で、兵庫県警飾磨署は自動車運転処罰法違反の疑いで60代の男を現行犯逮捕しました。

自動車運転処罰法違反の疑いで現行犯逮捕されたのは、姫路市に住む会社員・守丘勝己容疑者(61)です。

発表によりますと守丘勝己容疑者は1月17日午後7時30分ころ、姫路市飾磨区付城の市道交差点で、横断歩道を渡っていた集団登校中の小学生の列に軽自動車で突っ込み、男子児童2人をはねてケガを負わせた疑いが持たれています。

通行人から「小学生2人が車にはねられた」などと、消防局に119番通報があったことで発覚しました。

この通報を受け救急隊や警察官らが現場に駆けつけたところ、小学6年生と1年生の男子児童2人が軽自動車にはねられ負傷していたということです。

男子児童2人は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けたところ、小学6年生の児童は右足を骨折する重傷を負っており、小学1年生の児童は足をすりむく軽傷を負っていました。

飾磨署によりますと、当時、はねられた児童2人は計7人で集団登校をしており、列の先頭にいたということです。また、守丘勝己容疑者は事故当時、出勤途中でアルコールなどの反応は検出されなかった模様。

警察での取り調べに対して守丘勝己容疑者は「小学生の列に突っ込んだことは間違いありません」などと供述し、容疑を認めています。

飾磨署は自動車運転処罰法違反の疑いとして、守丘勝己容疑者から事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

小さな子どもは泣いて・・・ 集団登校の列に車突っ込む

2017/1/17 14:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

過失運転致死傷罪…7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金

姫路市飾磨区付城で事故、小学生の列に車が突っ込む…Twitterでの反応

姫路市飾磨区付城の市道交差点で、軽自動車が集団登校をしていた小学生の列に突っ込み2人が負傷した事故について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

事故現場付近(兵庫県姫路市飾磨区付城)場所の地図

以下、車が小学生の列に突っ込んだ事故現場付近・兵庫県姫路市飾磨区付城の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年1月17日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.