1日100万PVを超えることもあるニュース速報Japanで利用中の高負荷対応/高速サーバWordPress専用クラウドサーバー Sova WP
ミュゼ

三浦市初声町下宮田で殺人未遂事件 刃物男に警察官が拳銃8発を発砲

最終更新■

神奈川県三浦市初声町下宮田の住宅で1月20日、父親を刃物で切りつけたとして、神奈川県警三崎署は殺人未遂の疑いで30代の男を現行犯逮捕しました。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは、三浦市初声町下宮田に住む職業不詳・浜名諭志容疑者(34)です。

発表によりますと浜名諭志容疑者は1月20日午前5時50分ころ、三浦市初声町下宮田の自宅で、父親(67)を刃物で切りつけ殺害しようとした疑いが持たれています。

女性から「男が刃物を持って暴れている」などと、警察に110番通報があったことで事件が発覚しました。

この通報を受け警察官や救急隊が現場に駆けつけたところ、浜名諭志容疑者が室内で刃物を所持していたということです。警察官が窓を割って室内に入ったところ、父親の顔を切りつけ、警察官らに刃物を持って向かってきたため、警告したうえで計8発を発砲しました。

この事件で、父親は顔面を刃物で切りつけられましたが、幸い命に別状はありません。また、浜名諭志容疑者は銃弾を受け右太ももと左手指を負傷し、意識不明の状態で病院に救急搬送されました。浜名諭志容疑者は治療のため釈放されました。

後藤俊一副署長は取材に対して「被害者や署員の生命に危険が及んだ状況で、拳銃の発砲はやむを得なかった」「事実関係は調査中です」などと話しました。

現時点では、浜名諭志容疑者と父親の間に何らかのトラブルがあり、事件に発展したとみられています。

三崎署は殺人未遂事件として、ケガの回復次第で浜名諭志容疑者から事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

神奈川県三浦市初声町下宮田の殺人未遂事件の警察官が発砲ニュースのキャプチャ画像

画像出典:ANN

父親殺そうとした刃物男に警官発砲 意識不明で搬送

2017/1/20 13:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

殺人未遂罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

三浦市初声町下宮田で殺人未遂事件、刃物男に警察が拳銃発砲…Twitterでの反応

三浦市初声町下宮田の住宅で、男が父親を刃物で切りつけた殺人未遂事件で、男が警察の発砲した銃弾を受け意識不明の状態になっていることなどについて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

事件現場付近(神奈川県三浦市初声町下宮田)場所の地図

以下、男が父親を刃物で殺害しようとした事件現場付近・神奈川県三浦市初声町下宮田の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年1月20日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.