横浜市教育委員会いじめ認定せず 福島から避難の小学生150万円「恐喝」

最終更新■

いじめ問題の横浜市教育委員会・岡田優子教育長の顔写真の画像福島県から神奈川県横浜市に自主避難した中学1年生の男子中学生が、小学生だったころに同級生からいじめを受けていた問題で、横浜市教育委員会の対応が酷いと話題になっています。

男子生徒は小学生だった当時、同級生から「賠償金をもらっているだろう」と言われ、遊ぶ金として総額約150万円を払わされていたとされています。

しかしこの行為についてはいじめと認定されていないことから、男子生徒側がこの行為についてもいじめと認定するよう求めていました。

この件について横浜市教育委員会は1月20日、「いじめと認定することは難しい」という見解を示しました。

理由として岡田優子教育長は「関わったとされる子どもたちが『おごってもらった』と言っているからいじめではない」といった旨の説明をしています。

また「金銭の授受はいじめから逃れるための行為だった」とも話しており、その理解しがたい見解に一般市民は激怒。インターネット上では批判の声が多数みられ、炎上へと発展しています。

以下は、被害者生徒の手記の抜粋です。

いじめ被害者の男子中学生の手記(抜粋)

朝日新聞デジタルに掲載されている、いじめ被害者の男子中学生の手記。

「(加害側の)3人から…お金をもってこいと言われた」

「○○(加害側の名)からはメールでも言われた」

「人目がきにならないとこで もってこいと言われた」

「お金もってこいと言われたとき すごいいらいらとくやしさがあったけど ていこうするとまたいじめがはじまるとおもって なにもできずに ただこわくてしょうがなかった」

「ばいしょう金あるだろと言われ むかつくし、ていこうできなかったのもくやしい」

「○○○(加害側の名) ○○(加害側の名)には いつもけられたり、なぐられたり ランドセルふりま(わ)される、かいだんではおされたりして いつもどこでおわるか わかんなかったのでこわかった」

「ばいきんあつかいされて、ほうしゃのうだとおもっていつもつらかった。福島の人はいじめられるとおもった。なにもていこうできなかった」

「いままでいろんなはなしをしてきたけど (学校は)しんようしてくれなかった」

「なんかいもせんせいに言(お)うとするとむしされてた」

「いままでなんかいも死のうとおもった。でもしんさいでいっぱい死んだから つらいけどぼくはいきるときめた」

出典:「菌」「賠償金あるだろ」原発避難先でいじめ 生徒手記:朝日新聞デジタル

男子中学生は当該小学校を卒業後、現在はフリースクールに通っているということです。

岡田優子教育長は今回の問題について「第三者委員会の答申を覆すのは難しい」と話していることから、いじめと認定する可能性は低いものとみられています。

しかしインターネット上では横浜市教育委員会へのクレーム窓口が拡散されるなど、一般市民の怒りは頂点に達していることから、今後の教育委員会の対応に注目が集まります。

クレーム窓口として拡散されている横浜市教育委員会のWebサイト:横浜市教育委員会 【お問い合せ】横浜市教育委員会

スポンサーリンク

福島と東京の中学生が“避難いじめNO”メッセージ

2017/1/21頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

また・・・原発避難“いじめ”女子生徒に「菌」 新潟

2017/1/21頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

“避難いじめ”対応のまずさ謝罪 生徒、登校できず

2017/1/21頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

スポンサーリンク

福島から横浜に避難した生徒がイジメ恐喝事件の被害に…Twitterでの反応

福島から横浜に避難した男子生徒が、小学生だった当時同級生に約150万円もの金銭を奪われたイジメ恐喝事件について、Twitter上では横浜市教育委員会に対する怒りの声が多数みられました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

横浜市教育委員会(神奈川県横浜市中区真砂町)場所の地図

以下、横浜市教育委員会がある場所・神奈川県横浜市中区真砂町の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年1月22日

編集部


不祥事


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.