水戸市で車ドアノブに体液かける事件 千葉孝博容疑者逮捕 ストーカーか

最終更新■

茨城県水戸市で、女性の車に自身の体液を掛けたとして、茨城県警水戸署は器物損壊などの疑いで20代の男を逮捕しました。

器物損壊の疑いで逮捕されたのは、会社員・千葉孝博容疑者(28)です。千葉孝博=ちば たかひろ

発表によりますと千葉孝博容疑者は2017年12月ころ、水戸市内の駐車場で、20代の女性の車のドアノブ(運転席側)に、自分の体液を掛けた疑いが持たれています。

女性が警察に「車に体液のようなものがかかっている」などと被害を相談したことで事件が発覚。

その後、警察官らが周囲に設置された防犯カメラや目撃者の証言を元に捜査したところ、捜査線上に千葉孝博容疑者が浮上し逮捕に至りました。

水戸署によりますと、千葉孝博容疑者と女性は直接面識はなく、女性は千葉孝博容疑者を数回見かけたことがある程度だったということです。

女性は過去にも車に体液を掛けられる被害に数回遭っていたということです。

これらのことなどから、千葉孝博容疑者は女性に付きまとうストーカー行為をしていた可能性もあるとみられています。

警察での取り調べに対して千葉孝博容疑者は「体液をかけたことは間違いありません」などと供述し、容疑を認めています。

この事件にインターネット上では「この男絶対ストーカーだろ」「こういう変態は極刑でいい」「体液を掛ける目的が知りたい」「リスクしかないだろ」などと様々な声が多数見られました。

水戸署は器物損壊などの疑いとして、千葉孝博容疑者から事情を聴くとともに、余罪などについても詳しく調べています。

水戸市で車ドアノブに体液かける事件のニュースのキャプチャ画像

画像出典:NNN

関連する犯罪の法定刑

器物損壊罪…3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料

水戸市で女性の車に体液かける事件…Twitterでの反応

水戸市で、男が面識のない女性の車に体液をかける事件が起き、ストーカーだった可能性もあることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

器物損壊事件現場付近(茨城県水戸市)場所の地図

以下、男が女性の車に体液を掛けた事件現場付近・茨城県水戸市の地図(Googleマップ)。

この記事について

2018年3月9日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. あの

    蝉やな。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.