名神の京都南IC-高槻JCTで火災 通行止めで大渋滞「全く進まない」

最終更新■

名神高速の京都南IC~高槻JCT間で5月31日、火災が発生したとの情報が入りました。通行止めで大渋滞。

発表によりますと5月31日午後3時ころ、名神高速下りの京都南IC(インターチェンジ)~高槻JCT(ジャンクション)間で、火災が発生したということです。

以下は、Twitterユーザーが火災現場の様子を撮影し投稿した画像です。

名神高速の京都南IC~高槻JCT間で火災が発生した現場の画像

画像出典:https://twitter.com/taigentaigen/status/1399255721523306497/photo/1

現場には大勢の消防隊や警察官らが駆けつけるとともに、交通整理や懸命の消火活動が行われています。なお、けが人の有無についてはわかっておりません。

この火災の影響で、名神高速下りの京都南IC~高槻JCT間は通行止めとなり大渋滞が発生しています。

Twitter上には「名神が火災で全く進まない」「消防車が到着した」「名神大渋滞…火災らしく大渋滞」「天王山トンネル付近で火事みたい」などと現場の情報に関するツイートが多数投稿されていました。

警察や消防は消火活動を急ぐとともに、出火原因などについて詳しく調べています。

名神の京都南IC~高槻JCTで火災…Twitterでの反応

名神高速の京都南IC~高槻JCT間で火災が発生し、通行止めで大渋滞が発生していることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

火災現場(京都府京都市伏見区)場所の地図

以下、火災が発生した場所・〒612-8425 京都府京都市伏見区竹田田中殿町85「京都南IC下り」の地図(Googleマップ)。

コメント掲示板

コメントが投稿されてから表示されるまでタイムラグが発生する可能性があります。なお、誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 火の神

    都市伝説で解釈すればまず現場が交通事情の気配だったら、閻魔大王が背後にいる認識が必要で(何を人間界に言わんとしているのか❓)そしてこの件については、カグツチの神(火の神とも言われ天狗の太郎坊が同神とも言われる)の気配も感じ、大事に至らなければ鬼神八部衆等のその取り組みも関係する様に思われる。それ以外に2019年12月に即身成仏(南無一際正体様化)した日本環境の創始者(地水火風空の司令官)とも言える、イザナミ観音如来が人間界にその情報を知らせるべき❣❣と言う旨が浮上した(パンドラ都市伝説)早速こちらとしては、即身仏ファイトクラブ(一際正体様化)を啓上するより他、道は無かった。そうしなければ自然環境など6瑞が起こし、釈迦如来や多宝如来の前で日月燈明仏と同じ意を酌む形には至らなかった(32相80種)


  2. つまんねえまとめ
    やめちまえこんなもん

  3. たなかこんこ

    こんなまとめに価値はあるの?

  4. 約20年前封印を外してしまった者らがいるらしい…

    今のところ、こちらの都市伝説で解っているのは、毎週水曜日に行われていたホテイさん(弥勒菩薩)の会議で、今後の日本の行く末に付いて聞こうとしていたら、小林寺(元女子アナ現文殊菩薩)と名乗る者が参加すると言い出し、たちまちにして即身仏ファイトクラブと言う行事がユタやイタコの間で流行ってしまった。そうしているうちに隣町のイザナミノミコト(ご神体)が、孫に当たると言うククリヒメ薬上菩薩同伴の元、2019年12月末時、般若・解脱・涅槃と言って正覚(即身成仏)を表わしてしまい、その時、イザナミ観音如来と打ち明け出した。その息子がどうもカグツチと言う火の神で、その火の神が愛宕山にいる天狗の太郎坊も同体で、愛染明王だとも言われている。この火事の事件も、何かそれ以外にも告げての事かも。

    • おっす!

      what?(^_^;)

      • 神仏ではヒルコノミコトエビスさんが文殊菩薩かと..

        イザナギミノミコトの第一子ヒルコノミコト後エビス(七福神中
        唯一日本の神)さんが、ヒルコノミコトだった頃、何と自分は
        呪われた運命かと、海で空手の精神(押忍)にも通じる
        禅(仏教の大乗に当たる禅ダルマ修行)を励んでいたところ、ある日
        何処からか、竜神(カグツチ太郎坊愛染明王)が空を飛んで来て、
        タマゴを海に落とし、そのタマゴ(タツノオトシゴ)をエビスさんが、
        今度は海で育てる修行(寂滅道場と言う大菩薩修行)をせざる負え
        なく成り、そうしたところ吉祥(文殊菩薩)に変身(出世の本懐)を
        演出してしまった。

        • 追記

          結局、7福神中、1福神でもある、唯一日本の神エビスさん(吉祥・文殊菩薩の可能性が出て来た)の過去ヒルコノミコトが、イザナギとイザナミノミコト(仏名が観音さんではないかと近年こちらのユタやイタコから囁かれていた)の日本で最初に産まれた神の子供らしく、その一番乗りを祝い、食べ物からも伝説継承として、プリンやスパゲティー、サラダも添え物セットとして、日の丸を立てたオムライス(俗に言うお子様ランチ)が発案されたのではないかとする説が浮上、それで元勝利の神でもあり、今では火加減料理も意味する、カグツチ太郎坊(仏名が愛染明王ではないかと最近こちらのユタやイタコから囁かれ始めた)が、どうしても京都市民にだけでも、その旨を伝えたいとの事の様で、この名神高速の京都南IC~高槻JCT間で火災が発生し、通行止めで大渋滞が発生している。と言う超常現象を表わされたのではないかとする、こちらの都市伝説の分野にも自動書記と言う形で飛び込んで来てしまった。また新しい情報が入れば。

          • ↑について間違いと思い後で考慮してみたものの..

            日の丸を立てたオムライス(俗に言うお子様ランチ)の部分、日の丸を立てたチキンライス(俗に言うお子様ランチ)の方が一般的かも知れないが、地域などによりやや表現の違いはあるのかと思う。しかし、やはりヒルコノミコトは、イザナギミノミコトと親子関係に当たるとされている。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.