東京港区で詐欺2人逮捕-被害総額14億円か

10月30日、東京都港区に住む自称会社役員、今良悦容疑者(54)と同じく自称会社役員の斉藤保容疑者(53)ら2人が、詐欺の疑いで逮捕されました。今良悦=こん りょうえつ

今良悦容疑者と斉藤保容疑者はおととし、当時68歳の東京都八王子市の男性に架空の会社資料を送った上、証券会社の社員を装い「パンフレットが届いた人しか社債を買えないので名義を貸して欲しい」「申込みが殺到しており前金を払って欲しい」などと嘘をつき、現金320万円を振り込ませた疑いが持たれています。

今良悦容疑者と斉藤保容疑者は詐欺グループの主犯格で、千葉県・栃木県・鹿児島県にまたがり被害総額は14億円以上、少なくとも20人以上からだまし取っていたとみられています。2人は「身に覚えがない」と容疑を否認。

警察は余罪についてさらに調べる方針です。

逮捕された男らの住所付近の地図


大きな地図で見る

この記事について

2013年10月31日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 詐欺被害者の会

    何か、最近、本当にこういう詐欺事件が増えているように思います。

    詐欺師は被害者がどんな気持ちになるかわからないのか!

    たとえボロ儲けしたとしても、いずれは捕まる。

    そんなことも分からないバカなのか?

    人を騙す知識だけはいっちょまえに蓄えてるくせに、頭が良いんだか悪いんだかわけがわからんわ。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.