唐津駅で電車にひかれ左足切断-自ら通報

佐賀県唐津市新興町にある「JR筑肥線唐津駅」で3月26日午前4時10分ころ、50代の男性から「唐津駅のホームで、左足の膝から下を切断した。救急車を呼んで欲しい」と119番通報がありました。

通報を受け消防隊員らが現場に駆け付けたところ、119番通報した男性が6両編成の回送列車の下で助けを求めており、左足の膝から下が切断されていた状態だったということです。

男性はその後、病院に運ばれて手当てを受けています。重傷ではありますが、意識はあり命に別状はありません。

ひかれたのは佐賀市に住む公務員の男性で、前日25日の夕方から唐津市内で同僚と酒を飲んでいたといい、午後8時半ころに佐賀行きの列車に乗るため唐津駅に向かいました。

その際、男性は泥酔状態だったといい、警察は酔った男性が誤ってホームから転落したとみています。

このホームには、25日の午後10時半前ころに回送列車が到着しており、朝まで止まったままでした。

男性は佐賀行きの電車に乗る予定だったものの、その電車に乗ることは出来ず、回送列車が到着するまでの間に線路に転落したものと思われます。

そして回送列車にひかれ左足が切断されたものの、6時間近く気付かずに寝込んでいて、午前4時ころに目覚めたところ電車にひかれていることに気付いて119番通報したとみられています。

回送列車の先頭車両には、血痕が残っていました。

警察は、事故に至った経緯について、男性から詳しく事情を聴いています。

電車にひかれ男性が足切断 6時間後に自ら通報 佐賀・JR唐津駅 – FNNニュース

男性の話やJR九州のコメント

男性(通報した際の電話内容)

「JR唐津駅のプラットホームで、左足の膝から下を切断した。救急車を呼んで欲しい」

男性(警察からの事情聴取)

「よく覚えていない。ひかれたことに全く気付かなかった」

JR九州

「事故当時の状況を、現在詳しく調べているところであるため、現時点ではコメント出来ない。今後、この男性と接触した回送電車の運転士や、当直の駅員などから詳しく話を聞く方針だ」

事故発生現場(JR唐津駅)場所の地図


大きな地図で見る

この記事について

2014年3月26日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.