大阪市平野区長吉長原西でストーカー殺人か

最終更新■

速報情報 – 随時更新

・待ち伏せに使ったレンタカーの中から、別の血の付いた包丁が見つかる
・松本隆容疑者には元妻へのDVで逮捕歴があり、現在は執行猶予中だった
・ひだまりの常連客で、大阪府平野区に住む松本隆容疑者(57)を殺人の容疑で逮捕
・男は井村由美さんが働くスナック「ひだまり」の客だった
・亡くなったのは、松原市大堀3丁目に住むスナック従業員、井村由美さん(38)と判明

殺人事件の詳細(5/2執筆)

井村由美の画像大阪府大阪市平野区長吉長原西3丁目の路上で5月2日未明、女性が刃物のようなもので刺され死亡する殺人事件が起きました。

同日午前2時半ころ、現場近くに住む住民から「男女が喧嘩しているような声が聞こえる」「路上の植え込みに女性が倒れている」などと110番通報があり、事件が発覚。

死亡した女性は、携帯していた免許証などから大阪府松原市大堀3丁目に住む飲食店従業員・井村由美さん(38)と判明しました。井村由美=いむら ゆみ

井村由美さんは、平野区長吉長原西3丁目5にあるスナック「ひだまり」でアルバイトをしていたということです。

通報を受けて大阪府警平野署の警察官や消防などが現場に駆け付けると、井村由美さんが血を流した状態で仰向けに倒れており、腹には刃物のようなものが刺さっていたままだったといいます。

井村由美さんはすぐに病院へ運ばれましたが、首や腹部など数カ所を刺されており、約2時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

現場には井村由美さんのものとみられる自転車もあり、仕事を終え自宅に帰宅している途中に襲われたとみられています。

大阪府警が殺人事件として捜査を進めていたところ、現場近くのコンビニ駐車場で約4時間後、軽乗用車に乗っていた不審な男(50代)を発見。

男は指の部分をかなり深く切るケガを負っており、署員が男に職務質問を行なったところ、犯行をほのめかす供述をしたということです。

大阪府警は、この男が井村由美さんを刺し殺害したとみていますが、傷がかなり深いため、男は現在治療を受けています。

警察によると、井村由美さんはスナック店・ひだまりの常連客から付きまとい行為を受けるなど、ストーカー被害を大阪府警に相談していた過去があるということで、 このストーカー犯と50代の男が同一人物である可能性も。

この男の回復を待って事情を聴くとともに、ストーカーによる殺人事件の可能性もあるとみて、捜査を進めていく方針。

5/2 19:24追記 – ストーカー殺人の犯人を逮捕

松本隆の画像大阪府大阪市平野区長吉長原西3丁目の路上で5月2日未明、大阪府警は井村由美さんにストーカー行為を行なっていて、事件への関与をほのめかす供述をしていた男の逮捕状を請求していましたが、5月2日夕方、正式に逮捕しました。

殺人の容疑で逮捕されたのは、大阪府平野区に住む松本隆容疑者(57)。松本隆=まつもと たかし

警察の取り調べに対し、「間違いありません」と容疑を認めた上で、「井村由美さんが好きだった。しかし警察から警告を受けて、もう会うことは出来ない。殺して自分も死んだら、あの世で一緒に暮らせると思って殺した」などと話しているということです。

大阪府警は、井村由美さん殺害に至った経緯やストーカー行為に至った経緯など、さらに詳しく捜査を進めていく方針です。

事件までの流れ(5/6更新)

井村由美さんがストーカー被害に遭い、事件に発展するまでの流れ
時期 内容
2013/6 松本隆容疑者が元妻への傷害容疑などで大阪府警に逮捕される
2013/8 井村由美さんが勤めるスナック「ひだまり」に、松本隆容疑者が客として訪れる
松本隆容疑者が井村由美さんに対して一方的に好意を寄せ、ストーカー行為に発展していく
2014/2/28 ひだまりの女性経営者が、松本隆容疑者に対して「今後は店に来ないで欲しい」といった旨の連絡をする
2014/3/1 ストーカー行為は止むことなく、松本隆容疑者は井村由美さんに対し何度も執拗に電話をかけるとともに、「出入り禁止、気分悪いわ」などというメールを送るほか、「殺される前に警察に電話しいや」と殺害を示唆するような内容など大量のメールを送信。
2014/3/2
松本隆容疑者からのストーカー被害や殺害予告メールなどについて、井村由美さんが大阪府警松原署に訪問し、「客の男から一方的に好意を寄せられていて、しつこく電話やメールで連絡が来る」などと相談
松原署はストーカー規制法に基づき、松本隆容疑者に電話をかけて口頭で注意
2014/3/12 松原署が松本隆容疑者を呼び出し、文書による警告を実施
2014/4/2 松原署が井村由美さんに電話をかけて状況を確認したところ「その後は何もトラブルなど起きていないです。ありがとうございました」などと話す
2014/4/30 松本隆容疑者が周囲に「井村由美さんと結婚したかった。殺して、俺も死のうか」などと漏らす
2014/5/1 夕方頃、松本隆容疑者がレンタカーを借り、犯行の準備を固める
2014/5/2
AM2:30頃、松本隆容疑者が井村由美さんを刺す
AM4:30頃、搬送先の病院で井村由美さんが死亡
AM6:00過ぎ頃、現場から約1kmほど離れたコンビニエンスストアの駐車場で、大阪府警の警察官が手にケガを負った不審な松本隆容疑者を発見。職務質問を行なったところ、犯行をほのめかす供述をする
傷が深いため、松本隆容疑者の治療を行う
松本隆容疑者が井村由美さんを殺害した容疑が固まったとして、大阪府警が逮捕状を請求
大阪府平野区に住む松本隆容疑者(57)を殺人罪で逮捕

今回の大阪府警の対応は適切だった?(5/2執筆)

井村由美さんから松本隆容疑者のストーカー行為について相談を受けた大阪府警は、当初から危険性の高い事案と判断していました。

ストーカー行為がエスカレートする危険性を考え、井村由美さんには刑事告訴と自宅避難(引っ越し)を勧めたということです。

しかし井村由美さんは、刑事告訴ではなく口頭での注意を希望。さらに、避難についても「家族がいるため1人で暮らすことはできない。もし松本隆容疑者が自宅に来たらすぐに警察へ連絡する」などと回答し、今までの住居にとどまっていました。職場も、松本隆容疑者と出会ったスナック・ひだまりのままでした。

そのため、大阪府警は月に1度、電話で現状を聞く対応を取っていて、4月2日には1回目の電話をしたといいます。

その際、井村由美さんは「何も変わりありません。ありがとうございました」などと話したということで、大阪府警は3段階の危険度のうち2番目に危険としていたところを、3番目に引き下げ。

次の電話は5月2日の予定でしたが、その当日に事件が発生してしまいました。

過去に起きた、今回の事件に類似したストーカー殺人事件と比較すると、警察の対応は比較的適切だったのではないかと思われます。

結果的に殺人事件へと発展してしまいましたが、こういったストーカー事案においては、被害者側が危険予知能力・防犯意識を高く持つことも重要です。

井村由美さんは家族などの事情もあって不可能だったとのことですが、可能であれば、警察に避難を勧められた場合や、勧められなくても自分が危険だと判断した場合は、出来る限り遠くに避難することも考えなければなりません。

松本隆容疑者には元妻へのDVで逮捕歴があった(5/6執筆)

松本隆容疑者は以前、元妻に対して暴力(DV)をふるったことで、傷害容疑などで逮捕されていたことが判明しました。

その後は執行猶予付きの有罪判決を受け、現在もまだ執行猶予中だったとのこと。また裁判所からドメスティックバイオレンス防止法に基づき、元妻への接触禁止命令も受けていたということです。

このことを大阪府警は、井村由美さんに対して伝えていませんでした。

なお、この情報は大阪府警松原署にも回っていたとみられており、松本隆容疑者の危険性については認識していたとみられ、担当署員らはもっと注意を払うべきだったという部分も声もあります。

これに対し大阪府警は、「プライバシーの問題で、井村由美さんに伝えることは出来なかった。当時の対応に問題は無かった」などとコメントしています。

目撃者の話、該当する犯罪の法定刑など

現場を目撃した人など

「かなり悲痛な叫びやったからね。はじめ夫婦喧嘩かな思うて。もう一方的に女の人が叫んでいたね。『警察行く、警察行く』っていうのが聞こえた」

「女の人の声で『助けてー』みたいな感じで言ってはって。もう何かだら~んみたいな感じで、普通に意識なさそうな感じで。救急車の中で心臓マッサージみたいなされてたんで」

「女の子がね『警察行くから、警察行くから。助けてー』って言ってた」

「なんかワチャワチャやったあと『助けてー』って言ったから、あれ?みたいな感じになって。今度は警察の人の声が聞こえた」

殺人罪の法定刑
殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

殺人事件現場付近(大阪市平野区長吉長原西3丁目)場所の地図


大きな地図で見る

スナック「ひだまり」の地図


大きな地図で見る

この記事について

2014年5月2日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. FacebookとTwitterを使いこなすアラフォー

    本当に、こういったストーカー殺人事件は後を絶ちませんね…。

    38歳と若い女性を捕まえて、自分は50代。
    もうこれを逃せば結婚はないと焦っていたのでしょうか。

    自分勝手な犯行に、毎度のことながら怒りを覚えます。

    亡くなった井村由美さんのご冥福をお祈りします。

  2. 匿名

    スナックとかホステスでしょ?自業自得じゃん?
    夜の店で働くなら、ストーカーに遭うことはもちろん、殺される覚悟でしなきゃ。

  3. かわいそ

    38歳の糞BBAに執着して一生刑務所いきなんて、どんだけバカなんだ…だから女に騙されてお金貢がされるんだよ(´・ω・`)

  4. t-m

    結構ウチの近所だぞw
    大阪市平野区って治安がかなり悪い場所と聞いてるが、又殺人事件かよ…恐ろしい((((;゚Д゚)))))))

  5. たちまちビール

    こーゆーストーカー事件は大抵、女側にも非がある場合がほとんどだよねー

  6. 無し

    どうでもいいけどヘリうるさいねん
    1台で撮影して動画共有しろやボケ

  7. 匿名

    警察に、引っ越した方がいいと言われて
    しないのは、こうなってもしょうがないよね。
    引っ越し、アドレス変える、仕事辞める
    色々やってこうなったなら
    警察のせいだけど
    何にも自分で努力しなかったなら
    自業自得

  8. ひだまり

    の子やん!!

    • ?

      ひだまりって?
      スナックの名前??

  9. 匿名

    女のほうは仕事なんだから、食事にも行くしデートだってするだろ。
    腕組んで密着しながらね。
    でもそれは男の金に興味があるんだから。
    もちろん殺した男が悪いに決まっているが、水商売の女は危険と隣り合わせ。
    危ない客には金を持っていても近づかない勇気も必要なんじゃないかな。

  10. 佐々山

    これは被害者も愚か。
    ストーカー事件は警察に相談すると逆上されて殺されるのが法則になってる。

    警察に相談したせいで殺された人が散々ニュースで報道されてるのに、なにも学習しようとしなかったから死んだ。

    窮鼠猫を噛む、ではないけど追い詰められた者は捨て身の覚悟でとんでもない事をしてしまう。
    国家権力ってのはストーカー加害者が追い詰められたと感じるのに十分な威力があるんだよ。
    いいかげんに女も学習して、頭を使って立ち回れよな。どうせ死ぬ前は「男って単純w」とか思ってたんだろう。

    そりゃあ殺された事は同情に値する。
    でも、この女性がストーカー対策として選んだ行動は愚かだった。

  11. 特定班

    井村由美、Facebookハケーン
    見つけにくいように工夫してて大変だったわ

  12. 匿名

    また在日か

  13. 匿名

    このおっさん知ってるけど、そんなタイプじゃ無いねんけどな、何かに生きつまってたんかな、金貸したままやし、こっちが最悪やわ

    • おたべ

      この人、昔トラックドライバーをしてたよね

  14. ひだまり

    ってスナックか?
    そんなに良い女か?

  15. 匿名

    警察が被害者にいくら連絡を取っても被害は防げないのでは。

    連絡を取るべき相手は加害者であり、
    警告後は少なくとも毎週一回は警告を続けて署に来させて確認するべきだろう。
    それを少なくとも1年以上続ければどんなエロ親父でもあきらめるだろう。

  16. 匿名

    警察は相談に来た人を被害者、相手を加害者と決め付けるだけ、そして加害者を警告文書を交付して終わり。自分を加害者にした警察とその人(彼女)を恨み孤独感から放棄的になり殺人事件に

  17. 匿名

    エロニートに狙われたら逃げようがない。

    加害者は暇で時間を持て余しているのに対して、
    被害者は真面目に働いているから逃げ回っているわけにもいかない。

    男のニートやフリーターなど暇な人種には絶対近付かないことが必要だ。
    男のニートやフリーターは人間ではなく盛りの付いた猿と同じだから相手にすべきでない。

  18. おたべ

    この人、昔、羽曳野にあった運送会社にいた人に似ている気がする

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.