倉庫に弟放置、死体遺棄で兄を逮捕-岡山市

岡山県警岡山西署は5月9日、弟の遺体を自宅倉庫に放置したとして、岡山市北区三門中町に住む無職・鈴木忠房容疑者(65)を死体遺棄の容疑で逮捕しました。

発表によると鈴木忠房容疑者は4月下旬、自宅アパート脇にある倉庫で、同居する弟(61)が死亡しているのを見つけたにもかかわらず、警察などへ届け出ることなく遺棄したということです。

アパートの大家の女性から4月8日夕方、「倉庫から異臭がしている」などと近くの交番に通報があり、駆けつけた警察官が遺体を発見したとのこと。

警察官が、自宅にいた鈴木忠房容疑者に事情を聴いたところ「10日くらい前に弟が倉庫で死んでいるのを見つけた。毛布を掛けて、そのままにしておいた」などと話し、犯行を認めたため逮捕に至りました。

鈴木忠房容疑者は2002年からこのアパートで弟と2人暮らしをしており、弟には持病があったということです。

遺体に目立った外傷などはなく、岡山西署は弟が病死した可能性もあるとみて、9日に司法解剖して死因を調べるとともに、事件に至った経緯について詳しく調べていく方針です。

死体遺棄罪の法定刑
死体遺棄罪…3年以下の懲役

事件発生現場付近(岡山市北区三門中町)場所の地図

この記事について

2014年5月9日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.