土浦市荒川沖西で殺人-将来悲観し息子殺す

最終更新■

茨城県土浦市荒川沖西2丁目8−20にあるアパート「ウィステリア」の1室で6月2日、母親が長男を刺殺する殺人事件が起きました。

この事件で茨城県警は、和田美樹容疑者(45)を殺人容疑で逮捕。和田美樹=わだ みき

発表によると同日午前8時15分ころ、「娘が孫を殺してしまったようだ」などと長男の祖父が110番通報し、事件が発覚。

通報を受けて警察官らが現場のアパートの1室に駆け付けたところ、この部屋に住む和田美樹容疑者が「息子を刺してしまった」などと話したことから、室内を確認したところ、同居している職業不詳の長男・和田智也さん(22)が居間に倒れていたといいます。

和田智也さんは胸から血を流しており、既に死亡していました。また室内からは血の付いた包丁も見つかり、茨城県警はその場で、和田美樹容疑者を緊急逮捕。

和田智也さんは数日前から家出をしていたということですが、今朝自宅に帰ってきたとのこと。

和田美樹容疑者は警察の取り調べに対し「息子の将来を悲観して殺した」などと話し、容疑を認めているということです。

茨城県警は、事件に至った経緯など、さらに詳しく調べていく方針です。

殺人罪の法定刑
殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

Twitterでの反応

殺人事件現場アパート(ウィステリア)場所の地図

この記事について

2014年6月2日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.