盗聴器に注意!身近に潜む盗聴マニア…目的や種類一覧

最終更新■

気付かぬ間に仕掛けられてしまう盗聴器…。他人事のように感じますが、実は他人事ではありませんでした。

何者かに狙われて盗聴器を仕掛けられるケースだけでなく、もし賃貸であれば以前住んでいた住人が、盗聴器を仕掛けて部屋を退去する可能性もあります。

新築の住宅ですら、業者の従業員が仕掛けることがあるとのことで、いかなる住宅においても100%安心ということはありません。

もしかすると、あなたのプライバシーが24時間筒抜け状態になっているかもしれないのです。

盗聴の目的
ストーカー 主に女性が被害者となるケースが多いストーカーによる盗聴。男性関係のことを調べたい、今何をしているのか、今後の予定、いつどこで何をするのかなど、もっと相手のことが知りたいといったストーカー的盗聴も多いです。
浮気調査 交際相手が浮気を疑って盗聴器を設置するもの。被害者のことをある程度知っているため、その分バレにくい方法を取りやすいものと思われます。もし別れてしまっても、その後も盗聴は継続される恐れがあり、非常に危険です。
犯罪関連 盗聴により住人の行動パターンを熟知することで、例えば空き巣などが比較的容易に行えるようになります。また人に言えないような情報を入手することで、それをもとに相手をゆすり金品を要求するなどの恐喝的行為に発展する可能性もあります。
悪い趣味 特定の人物を狙ったものでもなく、盗聴から得た情報を2次的に利用するわけでもなく、ただ単純にマニア的思考で盗聴を行うもの。頻繁に転居を繰り返し、賃貸住宅に盗聴器を仕掛ける、ホテルなどに仕掛けるなど、どこに仕掛けられているかは予測不能です。
法人関連 盗聴被害に遭うのは個人だけではなく、ライバル会社の情報を盗み聞きするために法人同士による盗聴行為も行われているといいます。新製品の開発情報や、顧客情報、価格情報など、ライバル会社の情報を得ることで有利に戦略を進めることが出来ます。

このように身近にひそむ盗聴器の恐怖ですが、一体どのような種類があるのか。大きく分けて有線式無線式の2種類があるようですが、有線式は非常に専門的な知識が必要で、かつ設置が難しいことから、現在主流となっている盗聴器は無線式とのこと。

そのため、無線式を中心に、盗聴器について調べてみました。

スポンサーリンク

盗聴器の種類

無線の室内盗聴器には、大きく分けて電源供給式電池式の2種類の盗聴器があるといいます。

電源供給式はその名前の通り、AC電源などから電気をとって電波を発するため、半永久的に盗聴が続けられます。しかし、電源があるところにしか設置することは出来ません。

一方で電池式は、電池を使うためいずれ消耗してしまい、電気がなくなり次第盗聴は出来なくなります。しかし、設置場所に制限はなく、どこにでも設置することが可能となります。

電源供給式

コンセントタップ型盗聴器
コンセントタップ型盗聴器の画像盗聴器の中でも最も多いと言われている、コンセントタップ型。これは電源供給式となります。

ここ数年はテレビ番組などでも頻繁に登場してくるため、ご存じの方も多いかもしれません。

コンセントタップ型盗聴器は、名称の通りコンセントに差し込まれるような形で設置されます。

常に電源を確保することができるため、コンセントから外される・通電が止められるなどのことがない限り、半永久的に会話が盗聴され続けることになります。

外から見た限りでは盗聴器のようには見えず、分解することで中から盗聴マイクなどが出てきます。

普段目の届かない位置にあるコンセントに設置されていたり、または自分で購入したはずのコンセントタップと同じデザインのものであったりなど、気付けそうで実は気付きにくい定番の盗聴器です。


クリップ型盗聴器
クリップ型盗聴器の画像主にコンセントの裏側に仕掛けられることが多く、見つけることが極めて困難なクリップ型盗聴器

AC電源部分のカバーを外したところなどに設置されているため、普通に生活しているとまず気付くことは出来ません。

またコンセントタップはAC電源から抜かれてしまう可能性がありますが、このクリップ型はAC電源内部の電線にクリップ(ワニ口)で挟んで電源を供給するため、その住宅に人が住み続ける限り(通電している限り)半永久的に盗聴が可能という最悪な盗聴器です。


マウス型盗聴器
マウス型盗聴器の画像マウス型盗聴器は、パソコン用のマウスの中に仕掛けられる盗聴器です。

AC電源とは違いパソコンの電源から電気が供給されるため、24時間稼働というわけにはいきませんが、パソコンの電源がついている間は音声が筒抜けとなってしまいます。

もちろん、普通のマウスとしての機能も持っていますので、気付きにくくなっています。

電池式

オフィス用品偽装型盗聴器
偽装型盗聴器の画像オフィス用品偽装型盗聴器(名称は勝手に名付けました)は、例えばボールペン・電卓・置時計・キーホルダーなど、オフィスや部屋に普通に置いてあるようなものの中に盗聴器が仕掛けられるタイプです。

電池式のためいずれは盗聴が出来なくなってしまいますが、ボールペンがペン立てに入っていたら何の違和感もありませんし、自然な形で設置できてしまいます。

スポンサーリンク

おわりに

ここでご紹介した盗聴器は、身近にひそむ盗聴器をピックアップしたほんの一部です。実際にはもっと多くの盗聴器が存在します。

上記の盗聴器は、室内などに設置されるタイプで音声を拾うものでしたが、電話の会話内容を盗聴するタイプの盗聴器などもあります。

最近だと携帯電話はスマートフォンが一般的になりつつありますが、ウイルスの仕込まれたアプリをインストールすることで盗聴が可能になるといったケースもあるようです。

ある住宅に住み始めた段階で盗聴器が無い場合は、その後の生活において防犯意識を高く持っていればある程度防ぐことが出来ることと思いますが、自分が住み始めたその時点で盗聴器が仕掛けられていれば、どうしようもありません。

前に住んでいた人が何者かに仕掛けられていたり、前に住んでいた人自身が次に住む人の音声を盗聴するために仕掛けて出ることも考えられますし、新築の住宅ですら納品前に業者に仕掛けられてしまうケースが考えられます。

盗聴器が設置されているかどうか自分でチェックすることの出来る商品も販売されており、また探偵に依頼すればほぼ確実に盗聴器の有無を調べることが出来るため、安心した生活を送るためにも1度は調査しておきたいところですね。

探偵事務所推奨の盗聴発見器↓
盗聴発見器

探偵事務所に直接依頼して調査することも可能↓
探偵社FUJIリサーチ

盗聴器の参考画像

コンセントタップ型盗聴器の画像

テーブルタップ型盗聴器の画像

クリップ型盗聴器の画像

クリップ型盗聴器の画像

オフィス用品偽装型盗聴器の画像

関連リンク

もっと盗聴器の防犯意識を高めたい方は、以下の参考リンクなどもご参考ください。

関連リンク
盗聴器の分類 | 探偵事務所 相沢京子調査室
盗聴器の種類 | 盗聴器調査発見専門
3.盗聴器/盗撮器の種類 in 自分でも今すぐできる、盗聴器/盗撮器の見つけ方と業者の見分け方
スポンサーリンク

この記事について

2014年6月5日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 盗聴器バスター経験者

    これ、本当にそう。
    テレビで時々やってる盗聴バスター(あれ絶対やらせだと思ってたけど本当に電撃訪問だった)がウチに来て、なんとウチにコンセント式盗聴器が仕掛けられていたことが発覚しました。

    本当に人ごとだと思ってて、まさか私が…っていう。
    それに心当たりが全然なかったから、超怖い。
    盗聴器が見つかって、もう部屋は大丈夫ですって言われて安心した部分もあるけど、軽く人間不信になっちゃいますよね。

    その時は彼氏いなかったからアレだけど、もし彼氏がいたら…と思うと怖いですよね。疑いたくないけど疑ってしまう、みたいな。
    てか彼氏いなくても、元カレとか勘ぐっちゃいましたけどね(笑)

    元カレかもしれないし、友達かもしれないし、家族かもしれないし、前の住人かもしれないし、空き巣?的な人間がコッソリ盗聴器を仕掛けたのかもしれないし、建築当時から業者が仕掛けたものかもしれないし、マンションの管理人かもしれない。本当、誰がやったか分からないのが1番怖かったですね、私の場合。

    いつどこに仕掛けられるかなんて分からないもんなんで、皆さんも一度、家中のコンセントの穴という穴を調べた方がいいですよ。

    見慣れないコンセントタップがあれば、それは間違いなく盗聴器です。迷わず分解です。

  2. 電波男

    盗聴器の発見方法知ってます

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.