名古屋市南区松城町で脱法ハーブ吸った女性死亡-1歳娘預け

愛知県名古屋市南区松城町にあるマンション8階の1室で6月23日午後0時ころ、若い女性が脱法ハーブを吸って死亡したとみられる事故が発覚しました。

発表によると、死亡したのは25歳の女性。この女性は6月20日から1歳の娘を親戚に預けていましたが、いつまで経っても引き取りに来ないため、親戚が23日に女性宅を訪れたといいます。

すると、女性は布団の上に倒れて死亡しており、また他にも同じ部屋には30代とみられる男性も倒れていました。

その後、通報を受けて駆け付けた救急隊に対して男性は「葉っぱを吸った」などと、ろれつの回らない口調で話したということです。

部屋には脱法ハーブとみられる植物片が落ちていたとのこと。

愛知県警は男性の回復を待って事情を聴くとともに、女性が脱法ハーブを吸って死亡した可能性もあるとみて、死因の特定などを急いでいます。

Twitterでの関連投稿

事件現場付近(名古屋市南区松城町)場所の地図

この記事について

2014年6月23日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.