宇部市西岐波で死体遺棄事件-殺人事件の可能性も

遺体が身につけていた衣服の画像山口県宇部市西岐波の山中で7月3日、白骨化した男性の遺体が見つかりました。

同日午後4時半ころ、川の水質検査のため現場の山中に訪れていた男性(37)が遺体を見つけ、110番通報したことで事件が発覚したということです。

その後、通報を受けて山口県警宇部署が死体を回収。7月5日の司法解剖の結果、発見された白骨遺体は45歳~75歳くらいの男性で、2009年~2013年ころに死亡したとみられることが分かりました。死因は不明。

現場山中の遺体が見つかった場所の近くには毛布が残されており、遺体を運ぶ際に使われた可能性もあるとみられています。また、10メートル四方に骨が散乱していたとのこと。

その他、男性が着ていたものとみられる灰色の長袖トレーナー・青いジャージなども見つかっています。トレーナーには、胸のあたりに白い竜のマークがあり、赤字で「DRAGON HEAD SNAKE TAIL」と書かれていました。

宇部署は、現場の状況や靴が見当たらないことなどから、死体遺棄事件と断定。殺人事件の可能性も視野に捜査を進めるとともに、男性の身元特定を急いでいます。

関連する犯罪の法定刑

死体遺棄罪…3年以下の懲役
殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

Twitterでの関連投稿

死体遺棄事件現場付近(宇部市西岐波)場所の地図

この記事について

2014年7月6日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.