ローラの父親を詐欺容疑で逮捕-桃の天然水CMの都市伝説か

最終更新■

ジュリップ・エイエスエイ・アルの画像警視庁組織犯罪対策1課は7月27日、国外健康保険の海外治療費などをだまし取ったとして、タレントのローラさんの父親を詐欺容疑で逮捕したと発表しました。

逮捕されたのは、ローラさんの父親でバングラデシュ国籍、ジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者(54)です。住所および職業は不詳。

警視庁の発表によるとジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者は2008年12月~2009年1月、バングラデシュ国籍の調理師の男(47)と共謀し、この男がバングラデシュで心臓病などにより入院したとする虚偽の書類を東京都世田谷区役所に提出した疑いが持たれています。調理師の男は既に詐欺罪で服役中。

これによりジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者は、海外治療費や高額療養費など約87万5000円をだまし取ったとのこと。

しかしこれは数多く犯している犯行のごく一部とのことで、ジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者は2008年12月~2012年3月までの約3年間に、同様の手口で東京都北区や相模原市などでも虚偽申請を繰り返し、合計約1200万円をだまし取ったとみられています。

ジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者は5人~6人程度のグループでこのような犯行を繰り返しており、グループのリーダー的な役割をしていたとのこと。

警察での取り調べに対しジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者は「そのような事実はありませんし、私は100%関係ありません」などと供述し、容疑を否認しています。

ジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者は2012年8月に日本を出国しており、国際手配されていましたが、今月23日にタイ経由で成田空港に到着、日本に入国していました。

ローラさんは、雑誌「ViVi」などで活躍するファッションモデルで、バラエティ番組など多くのテレビ番組でも活躍する人気タレント。

詐欺罪の法定刑
詐欺罪…10年以下の懲役

スポンサーリンク

桃の天然水の呪い?

ローラの画像ネット上では、「また桃の天然水の呪いか?!」などと騒がれています。

桃の天然水には都市伝説があり、CMに起用された女性芸能人が相次いで不幸な事件・事故に巻き込まれるといわれています。

「ローラは大丈夫かな?」と冗談半分で言われていましたが、本当に不幸が降りかかってしまいました。

現在までに、以下のような女性芸能人が桃の天然水のCMに起用された後に災難に遭っています。

桃の天然水の都市伝説
華原朋美 小室哲哉と破局し、精神不安定になるとともに事務所をクビになる
浜崎あゆみ 突発性難聴により左耳の聴力を完全に失ってしまう
吉井怜 急性骨髄性白血病を発症したため骨髄移植を受け、その影響で不妊になる
村田洋子 突然芸能界を引退し、失踪する
神戸みゆき 心不全により24歳という若さで亡くなる
ローラ 父親が詐欺罪で逮捕される
関連リンク
『桃の天然水』の呪い怖すぎ!ローラ父逮捕状にネット震撼|面白ニュース 秒刊SUNDAY
桃の天然水の都市伝説がすごすぎる【ローラは大丈夫?】 – NAVER まとめ
スポンサーリンク

ローラさんがブログを更新

フジテレビ系列の27時間テレビに出演していたローラさんですが、7月27日午後くらいからは映像からいなくなっていました。

父親であるジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者が逮捕されたことを受け、そのような対応をとったものと思われます。

そして7月27日午後5時27分、ローラさんは自身のブログで今回の騒動についてコメントを投稿しました。

お父さんが、警察に弁護士さんと一緒に出頭しました。 わたしは、悪いこと、正しいこと、すべてがはっきりして欲しいと思っています。

たくさんのお騒がせをして、ごめんなさい。

ローラ

出典:2014/07/27|ローラ Official Blog Powered by Ameba

この一連の騒動に関して、関係芸能人やファンたちの多くはローラさんを擁護し、「責任を負う必要はない」「ローラは関係ないんだから、落ち込まずに頑張って!」などと温かいコメントが寄せられています。

スポンサーリンク

Twitterでの関連投稿

この記事について

2014年7月27日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.