高松市で傷害事件-親子喧嘩で母親が包丁出し小4女児切りつける

最終更新■

香川県高松市で、小学4年生の長女を包丁で切りつけるなどしたとして、49歳の母親が逮捕されました。

傷害の容疑で逮捕されたのは、高松市に住むパート従業員の女(49)。

発表によると女は10月25日午後9時ころ、小学4年生の長女(10)に対して、包丁で切りつけるなどして首や腕などに全治16日間のケガを負わせた疑いが持たれています。

長女がこの事件について、通っている小学校の担任に相談し、学校が高松市教育委員会に報告したことで事件が発覚しました。

警察での取り調べに対して母親は「親子喧嘩で包丁を持ち出した。もみ合いになったが、故意に切りつけたわけではない」などと話し、容疑を一部否認しています。

現時点で、日常的に虐待行為が行われていたのかどうかは不明。母親と長女は2人暮らし。

香川県警は傷害事件として事件に至った経緯を調べるとともに、日常的に虐待があった可能性も視野に、慎重に捜査を進めています。

関連する犯罪の法定刑
傷害罪…15年以下の懲役または50万円以下の罰金

親子喧嘩で母親が包丁出す…Twitterでの反応

傷害事件現場付近(香川県高松市)場所の地図

この記事について

2014年10月30日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 中学校

    玉中教頭
    学校保護者とふ〇ん
    偉そうなことばかり言うのに
    やってることは最低

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.