広島刑務所で受刑者が自殺-集団部屋のトイレで首つり

最終更新■

広島県広島市中区吉島町13-114にある広島刑務所で11月11日、男性受刑者が首をつっているのが見つかりました。自殺とみられています。

発表によると11月11日午前6時半ころ、6人が収容されていた集団部屋のトイレで、40代の男性受刑者が首をつっていたということです。

天井近くに設置された水洗タンクの配管にタオルをくくり付け、そのタオルを使って首吊り自殺を図った模様。

同じ部屋で生活していた別の受刑者が首をつっている男性を見つけ、自殺が発覚。

すぐに刑務官が駆けつけ通報、その後救急により病院へ運ばれましたが、約1時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

広島刑務所によると、自殺した男性受刑者に変わった様子はなく、前日の夜も普段と特に変わらなかったといいます。また自殺をほのめかすような言動もなかったとのこと。

なお、刑務所内は夜間も刑務官が定期的に巡回しており、男性受刑者が自殺しているのが見つかる約30分前にも、刑務官が現場の部屋の前を巡回していました。

その際、男性は眠っている様子で、異常などはみられなかったといいます。現時点で、男性が自殺を図った動機は分かっていません。

広島刑務所では1999年と2008年に受刑者が自殺を図っており、今回で3回目。

広島刑務所

広島刑務所(ひろしまけいむしょ)は、法務省広島矯正管区に属する刑務所。通称「広刑(ひろけい)」。日本第5の規模を誇る。
下部機関として尾道刑務支所、有井作業場、呉拘置支所、福山拘置支所、三次拘置支所を持つ。

出典:広島刑務所 – Wikipedia

広島刑務所は広島県広島市にある、男性受刑者を収容する刑務所です。通称、広刑(ひろけい)。

執行刑期が10年未満で犯罪傾向が進んだ者(B指標受刑者)、日本人と異なる処遇を必要とする外国人(F指標受刑者)、身体障害など医療措置が必要な者(P指標受刑者)、無期刑および執行刑期10年以上の犯罪傾向が進んだ者(LB指標受刑者)を収容しています。

また、中国5県の医療センターとしての機能も併設しているほか、調査センター(分類センター)としての役割も担っています。

出典:広島刑務所 | 刑務所.net

広島刑務所で受刑者が自殺…Twitterでの反応

自殺現場(広島市中区吉島町13-114)場所の地図

広島刑務所の建物外観(ストリートビュー)

この記事について

2014年11月12日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 佐々木典彦、009,勝

    書類だしました。1がつ3日に拷問テンポレーザー7年です。ひろのみや

    • 佐々木典彦、009,勝

      書類宜しく、レーザーよろしく、典彦

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.