京都工芸繊維大学・松ヶ崎キャンパスで爆発事故-アジ化ナトリウム 化学実験中に

最終更新■

京都市左京区松ヶ崎橋上町にある京都工芸繊維大学・松ヶ崎キャンパスで11月17日、化学実験中の爆発事故が起きました。

京都工芸繊維大学の職員から「実験中に爆発事故が起きた。負傷者が出ている」などと119番通報があり、事故が発覚。

発表によると11月17日午後1時ころ、京都工芸繊維大学で有毒の化学物質を使った化学実験をしていたところ、突然爆発が起きたということです。

爆発したフラスコの破片で顔面を切るなど、この事故で京都工芸繊維大学の学生ら5人(男子大学生3人・女子大生2人)が負傷しましたが、いずれも軽傷とみられています。

現場にいた人の話によると、化学実験の最中に爆発が起きたとのこと。この爆発で、火災などは起きていません。

学生たちは当時、有毒かつ爆発性がある化学物質「アジ化ナトリウム」などを使用した実験を行っていました。

現時点で詳しい爆発原因は分かっていませんが、化合物を入れたフラスコを熱していたところ爆発したとのこと。

京都府警下鴨署は関係者から事情を聴くなど、爆発事故が起きた原因等について捜査を進めていく方針。

京都工芸繊維大学で化学物質用いた実験中に爆発 学生5人軽傷

2014/11/17 15:00頃にFNNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

化学実験中にアジ化ナトリウムが爆発…Twitter関連投稿

京都工芸繊維大学で発生した爆発事故に関して、Twitter上には現場の様子が写真画像付きで投稿されていました。

京都工芸繊維大学

京都工芸繊維大学(きょうとこうげいせんいだいがく、英語: Kyoto Institute of Technology)は、京都市左京区松ヶ崎橋上町に本部を置く日本の国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は工繊(こうせん)、工繊大、京工繊、KIT(ケイアイティー)、京工大(体育会)。

出典:京都工芸繊維大学 – Wikipedia

京都工芸繊維大学の概要
学校名 京都工芸繊維大学
種別 国立
創立 1899年
本部所在地 京都府京都市左京区松ヶ崎橋上町
キャンパス 松ヶ崎(京都市左京区)
嵯峨(京都市右京区)
学部 工芸科学部
研究科 工芸科学研究科
Webサイト 京都工芸繊維大学

爆発事故現場(京都工芸繊維大学 松ヶ崎キャンパス)場所の地図

京都工芸繊維大学の建物外観(ストリートビュー)

この記事について

2014年11月17日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.