岸和田市天神山町で殺人事件-厚地千尋容疑者を逮捕 次男が虐待死

最終更新■

厚地千尋の画像生後4ヶ月の次男を虐待して死亡させたとして、大阪府警は11月19日、20代の母親を逮捕しました。

殺人の疑いで逮捕されたのは、大阪府岸和田市天神山町1丁目に住む無職・厚地千尋容疑者(26)です。厚地千尋=あつち ちなみ

発表によると厚地千尋容疑者は今年5月下旬、自宅で次男の厚地礼示朗(禮示朗)ちゃんに暴行を加え、心肺停止の状態にした疑いが持たれています。厚地礼示朗=あつち れいじろう

礼示朗ちゃんは病院へ運ばれた際、生後4ヶ月の平均体重7,100gを大きく下回り、わずか4,760gしか無かったということです。

そして病院に運ばれてから約2ヶ月後の7月27日、礼示朗ちゃんは硬膜下血腫による高度脳腫脹で死亡が確認されました。頭部が激しく揺さぶられたことによる脳腫脹とみられています。

警察での取り調べに対して厚地千尋容疑者は「暴行を加えた覚えはありません。どうしてこんなことになったのか分からない」などと話し、容疑を否認しています。

その一方で、逮捕前には「ずっと育てていかないといけないのかと思った」などという発言もあった模様。

厚地千尋容疑者は、長男(2)と礼示朗ちゃんとの3人暮らし。事件当時、家には厚地千尋容疑者と礼示朗ちゃんの2人きりだったといいます。

大阪府警捜査1課は殺人事件として、厚地千尋容疑者が礼示朗ちゃんを激しく揺さぶるなどした可能性が高いとみて、事件に至った経緯や犯行動機などについてさらに追求していく方針です。

生後4カ月の男児を暴行し死亡させた疑い 26歳母親逮捕 大阪

2014/11/19 15:00頃にFNNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

法定刑

関連する犯罪の法定刑
殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役
傷害致死罪…3年以上の有期懲役

厚地千尋容疑者を虐待殺人で逮捕…Twitterでの反応

殺人事件現場付近(岸和田市天神山町1丁目)場所の地図

この記事について

2014年11月19日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. マスカット

    堺支部で裁判員裁判として公判が始まった。
    法廷しばしば泣いてる場面が見受けられたけど、
    自分の子供を死なせてしまったという反省の色は
    全く見受けられなかった・・・
    しかもこの女、逮捕拘留中に
    第三子を出産しているという新事実が発覚!!
    もはや、子供が可哀相というほかない・・・

  2. マスカット

    公判二日目。
    厚地はほぼ全面的に容疑を認めてはいるものの
    肝心の認知(揺さぶり行為が危険な行為であるということ)は
    知らなかったを貫いている・・・
    ってか、内縁の夫である「平木」という男が裁きを受けないことに
    納得がいかない。
    厚地との間に三人もの子供を産ませておいて幾時には全く協力せず
    厚地の生活保護費をむしり取っておいて厚地を追い込んだ人間なのに・・・

  3. マスカット

    2015年11月18日大阪地方検察庁堺支部にて
    厚地千尋(現27歳)の求刑が検察側から言い渡された。
    懲役7年の実刑に処すべきであると・・・

    それに対し弁護側は懲役3年が相当であると主張してきた。

    被告人は公判中かなり涙を流していたが、
    そのどれもが、
    亡くなった礼示朗ちゃんに対しての謝罪の涙ではなく
    自分自身の境遇や不幸に対してのように感じてならなかった。

    量刑は裁判長、副裁判官2名、裁判員6名に委ねられることになるが、
    どのような判決が下されることになるか・・・
    判決は明日20日同裁判所にて。

  4. マスカット

    2015年11月20日(金)大阪地方検察庁堺支部にて
    厚地千尋(現27歳)の判決が言い渡されました。

    主文、被告人を懲役5年の刑に処する。
    尚、未決拘留期間として240日をその刑に参入する。

    礼示朗君の発育不良や、内縁の夫との間によるトラブル、
    中学時代からの被告人とその家族との疎遠状況など
    数々の悩みを抱えながらとはいえ、

    礼示朗君が嘔吐したことにより我慢の限界を迎え
    泣きやまない礼示朗君に対し
    風呂場で、まだ首がすわっていない生後4ヵ月の乳幼児に対して
    激しく頭部を前後に揺さぶり
    硬膜下血腫などによる死因の起因となった行為を行なったものと
    裁判所が認定し、

    同種事案の量刑と比較し、
    中間からやや重い刑に相当すると結論付けました。

    裁判所からは、社会復帰後に残された二人の子供(長男と三男)を
    しっかり育ててやり直して下さい。更生を願っています。
    と言葉を送っていましたが、
    この母親からまともな人間に育つとは正直思えない気がしてならない。

    裁判の内容といい、量刑といい、
    何かやりきれない、物足りなさしか残らない裁判だった・・・

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.