対馬市で仏像窃盗事件、韓国人を逮捕-梅林寺の市指定有形文化財

最終更新■

盗まれた仏像の画像長崎県対馬市美津島町小船越にある寺で11月24日、市指定の有形文化財が盗まれる窃盗事件が起きました。この事件で長崎県警は、韓国人の男ら4人を逮捕。

窃盗の疑いで逮捕されたのは、韓国の寺の住職・金相鎬(70)、農業・金溶晃(54)、会社員・李哲佑(47)、警備員・安スンチョル(53)ら4容疑者です。※職業はいずれも自称

発表によると4人は11月24日午前10時~午後1時50分ころ、対馬市美津島町小船越382にある梅林寺から、銅製の仏像を盗んだ疑いが持たれています。

同日午後2時ころに梅林寺の住職から警察に通報があり、その後捜査を進めていた長崎県警対馬南署が、対馬南部にある厳原港で4人を発見・職務質問し、所持品から仏像が見つかったため逮捕に至りました。

盗まれたのは、市指定の有形文化財「誕生仏(高さ約10.6cm)」また、一緒に保管されていた有形文化財「大般若経」もなくなっており、これも4人が盗んだ可能性が高いとみられています。

警察での取り調べに対して容疑者らは、2人が容疑を認めているものの、2人は容疑を否認しているということです。

対馬南署は窃盗事件として、事件に至った経緯や犯行動機など、さらに詳しく捜査を進めていく方針です。

スポンサーリンク

韓国人による仏像窃盗事件は過去にも…

対馬市では2012年10月にも、国指定重要文化財や県指定有形文化財の仏像が神社から盗まれ、韓国に持ち込まれる事件が起きています。

これについて韓国中部の大田地裁は2013年2月、盗まれた2体のうち1体について「もともと、韓国から盗まれたものである」として、日本への返還を差し止める仮処分を決定しました。

今もなお、盗まれたこの2体は日本に戻ってきていません。

盗まれたのは、国指定重要文化財「銅造如来立像」と、県指定有形文化財「観世音菩薩坐像」

対馬でまた、仏像泥棒? 自称住職ら韓国人4人逮捕

2014/11/25 12:00頃にFNNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

対馬市の寺から仏像盗んだ疑い、韓国人の男4人逮捕

2014/11/25 13:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

法定刑

関連する犯罪の法定刑
窃盗罪…10年以下の懲役または50万円以下の罰金

スポンサーリンク

また韓国人が仏像を盗んで逮捕…Twitterでの反応

スポンサーリンク

窃盗事件現場(対馬市美津島町小船越)場所の地図

梅林寺付近のストリートビュー

この記事について

2014年11月25日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 匿名

    また…在日DQN ため息しかでねーよ。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.