河内町生板で死体遺棄事件-庭から男性の白骨化遺体…殺人事件か

最終更新■

自宅敷地内に中学時代の同級生の遺体を埋めたとして、茨城県警は11月29日、60代の男を逮捕しました。殺人事件の可能性も。

死体遺棄の容疑で逮捕されたのは、茨城県河内町生板に住む無職・菅生博容疑者(63)です。菅生博=すごう ひろし

発表によると菅生博容疑者は、自宅庭の地中約1mのところに、近所の河内町猿島に住む農業・荒井貞男さん(63)の死体を埋めた疑いが持たれています。荒井貞男=あらい さだお

埋められた時期は分かっていませんが、遺体は一部が白骨化するとともにかなり傷んでおり、死後ある程度の期間が経っているものとみられます。

茨城県警竜ケ崎署によると、菅生博容疑者は2008年5月~2014年2月にかけて、県知事の登録を受けないまま県内に住む男性ら3人に計4,230万円を貸し付けた「賃金業法違反(無登録営業)」の疑いで、逮捕・起訴されているとのこと。

その後、行方不明になっている荒井貞男さんの遺体が菅生博容疑者の自宅敷地内に埋まっている可能性があるとの情報があり、捜索が行われたということです。

そして捜索の結果、庭の地中から死体が見つかったため、今回の逮捕に至った模様。

殺人事件の可能性も…男性の死体が見つかるまでの経緯

竜ケ崎署の発表によると、荒井貞男さんは今年7月ころから行方不明になっていたといいます。7月27日に、家族が「前日の夜に出かけたきり、帰って来ない」として、行方不明者届を提出していました。

その後、関係者の証言などから、知人の菅生博容疑者が行方不明に関与している可能性が浮上。荒井貞男さんと菅生博容疑者は、中学時代の同級生でした。

そして自宅敷地内から遺体が見つかったため死体遺棄容疑での逮捕に至りましたが、菅生博容疑者は警察での取り調べに対して「そのようなことはしていません」などと話し、容疑を否認しています。

現時点で、荒井貞男さんが死亡した経緯については分かっていません。竜ケ崎署は殺人容疑も視野に、菅生博容疑者をさらに追求していく方針です。

自宅敷地内に知人男性の遺体埋める、死体遺棄容疑で男逮捕

2014/11/29 16:00頃にTBS News-iがYoutubeにアップロードした動画

法定刑

関連する犯罪の法定刑

死体遺棄罪…3年以下の懲役
殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役

河内町で殺人・死体遺棄事件…Twitterでの反応

死体遺棄事件現場付近(河内町生板)場所の地図

菅生博容疑者の自宅の建物外観(ストリートビュー)

この記事について

2014年11月29日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 匿名

    嘘つきは殺人の始まり

  2. パルル

    やばい!!私の家から近いし!!しかも、そこ通ったことある!!

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.