金子涼平容疑者を逮捕-東北学院大学多賀城キャンパスの爆破予告事件

最終更新■

東北学院大学多賀城キャンパスで爆破予告事件が相次いでいた問題で、ついに犯人とみられる男子大学生が逮捕されました。

威力業務妨害の容疑で逮捕されたのは、東北学院大学工学部の2年生・金子涼平容疑者(20)。金子涼平=かねこ りょうへい

東北学院大学では、11月18日に爆破予告を示唆する便箋が見つかったほか、12月5日にも爆破予告を示唆する文書が見つかる事件などが起きています。

そして本日12月12日、3度目の爆破予告事件が発生。

東北学院大学は午前から職員の緊急会議を行ったり、授業の開始時間が遅れるなどしたため、職員から学生らに事件についての説明は無かったものの「また爆破予告きたんだけど」「爆破予告大学ンゴ」などと、学生らのあいだで3度目の爆破予告事件が起きたという噂は流れていました。

宮城県警塩釜署によると、金子涼平容疑者は12月12日午前7時40分ころ、多賀城キャンパス内に「塩素ガスをまき散らす」などと書いた封書とともに、液体入りのペットボトルを置いて大学の業務を妨害した疑いが持たれています。

防犯カメラの映像を確認したところ、同じ時間帯に金子涼平容疑者がキャンパス内にいたことが分かったため、塩釜署が任意同行。その後、封書やペットボトルを置いたことを認めたため、逮捕に至ったということです。

警察での取り調べに対して金子涼平容疑者は過去2件の爆破予告に関しても関与を認めているといい、警察は事件に至った経緯や犯行動機などについて、詳しく捜査を進めていく方針です。

関連する犯罪の法定刑
威力業務妨害罪…3年以下の懲役または50万円以下の罰金

スポンサーリンク

学院大の金子涼平容疑者を逮捕…Twitterでの反応

爆破予告事件が発生した12月12日午前、東北学院大学に通う大学生らはTwitter上で、様々な投稿をしていました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東北学院大学

東北学院大学(とうほくがくいんだいがく、英語: Tohoku Gakuin University)は、宮城県仙台市青葉区土樋一丁目3番1号に本部を置く日本の私立大学である。1949年に設置された。大学の略称はTGU。

出典:

東北学院大学の概要
学校名 東北学院大学
種別 私立
創立 1886年
本部所在地 宮城県仙台市青葉区土樋1丁目3-1
キャンパス 土樋キャンパス/多賀城キャンパス/泉キャンパス
Webサイト 東北学院大学

爆破予告事件現場(東北学院大学 多賀城キャンパス)場所の地図

東北学院大学 多賀城キャンパスの外観(ストリートビュー)

この記事について

2014年12月12日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 匿名

    さよならあなた
    また来て人生…
    (-_-)/~~~

  2. 匿名

    金子 涼平じゃなくて、金 子涼平

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.