阿波市の中学校で男子中学生が飛び降り自殺-校舎3階から転落死

最終更新■

徳島県阿波市の中学校で1月9日、生徒が校舎から転落して死亡していたことが分かりました。自殺とみられています。

亡くなったのは、阿波市内にある中学校に通う中学1年生の男子生徒(13)。

発表によると男子中学生は1月9日午前8時10分ころ、遅刻して学校に登校してきたということです。

そして3階にある教室の机に自身の荷物を置いたあと、無言で教室から退室。そのまま教室横を通る廊下の窓枠を乗り越えて、外壁の少し突き出た部分に立った直後転落したといいます。

当時、教室は自習時間で同級生らが勉強中で、廊下の窓から転落する男子中学生を目撃していました。

その後、通報を受けて駆けつけた救急により男子中学生は病院へ運ばれましたが、頭などを強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認されたということです。

今のところイジメなどは確認されておらず、学校によると特にトラブルなどの報告も受けていないとのこと。なお、遺書も見つかっていません。

現場となった阿波市内の中学校および阿波市教育委員会は、男子中学生が自殺に至った経緯や原因等について、詳しく調査を進めています。

阿波市で男子中学生が自殺…Twitter関連投稿

男子中学生が自殺した現場付近(阿波市)場所の地図

この記事について

2015年1月10日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.