イスラム国がジャーナリスト後藤健二さん拘束-シリアで行方不明に

最終更新■

【2/4速報】

ヨルダン人パイロットが生きたまま焼き殺される動画がYoutubeに投稿されました。イスラム国が殺害したとみられています。
詳細:ヨルダン人パイロット殺害画像-イスラム国が焼殺の動画をYoutubeに

【2/1速報】

2月1日早朝、後藤健二さんが殺害されたとする動画が公開されました。首が切断され、遺体の上に乗せられた状態の画像も。
詳細:後藤健二さん殺害-首を切断した写真画像の動画 イスラム国が公開

速報情報ここまで。


1月20日、イスラム過激派組織「イスラム国」とみられるグループが日本人2人を人質にとり、身代金2億ドルを要求する動画がネット上に公開されました。

うち1人は、宮城県仙台市のフリージャーナリスト・後藤健二さん。番組制作会社を経て、映像通信会社「インディペンデント・プレスINDEPENDENT PRESS)」を設立しています。

主に中東やアフリカなどの地域を中心に、戦争や難民問題などを取材してテレビなどで伝えていたほか、数々の著書も出版しています。

2014年8月、イスラム国に拘束された湯川遥菜さんを救出するために「中東へ行く」と言い残して日本を出国。その際、「ただ、危険だからシリアには入国しない」と言っていたといいます。

しかし、同年10月に後藤健二さんはシリアに入国したとみられ、それから行方不明になっていました。

そして同年11月初旬ころからは、後藤健二さんの妻宛てに「後藤健二を誘拐している。日本円で約10億円の身代金を払え」といった内容の脅迫メールが届いていたということです。

後藤健二さんのシリア入りまでの足取り

後藤健二さんは2014年10月2日、Twitterで「シリア取材に入ります。どこまで皆さんにお伝えできるか、現場の空気が伝えられたら」と投稿。

そして翌日の10月3日、「只今シリアで取材中です」と投稿。

その後はシリアでのリポートを投稿していましたが、10月23日に週刊朝日編集部の古田真梨子さんという方とリプライを交わし、Twitter上での投稿が途絶えました。

このことから、イスラム国に身柄を拘束されたのは、10月23日~11月初旬ころとみられます。

イスラム国が日本人2人を拘束…関連リンク

関連リンク
イスラム国が日本人2人を人質に2億ドル要求-湯川遥菜と後藤健二氏 | ニュース速報Japan
イスラム国に拘束された湯川遥菜さんとYoutube動画 シリア・ISIS | ニュース速報Japan

後藤健二さん拘束に対するTwitterでの反応

この記事について

2015年1月20日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. ごとうけんじ

    後藤健二の瞬きはビビっているからではなくて、モールス信号ですよ
    解析結果が待たれますね

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.