千葉市中央区で車7台が絡む玉突き事故-国道357号線、8人重軽傷

最終更新■

千葉県千葉市中央区で1月31日、車7台が絡む玉突き事故が起きました。

発表によると1月31日午後3時ころ、千葉市中央区の国道357号線で信号待ちをしていた車に、後続の車が突っ込んだということです。

この事故でトラック3台・乗用車4台の合計7台が事故に巻き込まれ、男女8人が重軽傷を負いました。うち後ろから2番目の乗用車に乗っていた男性1人については、意識不明の重体です。

事故が起きた詳しい原因については分かっていませんが、車列に突っ込んだ1番後ろのトラック運転手が「意識が朦朧として突っ込んでしまった」などと話している模様。

事故に巻き込まれた車はめちゃくちゃに大破しており、後部半分がほとんど無くなってしまっている軽自動車もあります。

現場は壊れた車の部品・破片などが散乱し、騒然としています。

千葉県警は現在、事故が起きた原因や当時の状況などについて、詳しく調べを進めています。

関連する犯罪の法定刑
過失運転致死傷罪…7年以下の懲役もしくは禁錮または100万円以下の罰金

千葉市中央区の国道357号線で玉突き事故…Twitterでの反応

事故現場付近(千葉市中央区)場所の地図

この記事について

2015年1月31日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.