東北道の十和田IC-鹿角八幡平IC間で多重事故、吹雪で通行止め

最終更新■

秋田県の東北自動車道で2月9日、十数台の車が絡む多重事故が起きました。

発表によると2月9日午前11時ころ、秋田県の東北道上り線・十和田IC-鹿角八幡平IC間で「十数台の自動車が絡む事故が起きた」と、秋田県警察本部に連絡が入ったということです。

この事故で少なくとも男女3人がケガを負ったとの情報がありますが、現時点で事故原因や当時の状況など詳しいことは不明。なお、3人はいずれも意識があるとのこと。

東北自動車道では、この事故や吹雪などの影響を受け、小阪IC-鹿角八幡平IC間の上下線を通行止めとしています。また、秋田自動車・横手IC-大曲IC間も通行止め。

この冬最強クラスの寒気と発達した低気圧の影響で、北日本では本日、猛吹雪など大荒れの天気となっています。

外出の際には、十分ご注意ください。

東北道で事故、吹雪により通行止め…Twitterでの反応

事故現場付近(東北自動車道の小阪IC-鹿角八幡平IC間)場所の地図

他の通行止区間(秋田自動車の横手IC—大曲IC間)場所の地図

この記事について

2015年2月9日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.