タイ国際航空の飛行機が乱気流事故-成田発バンコク行きTG641便

最終更新■

タイ国際航空飛行機が2月26日、乱気流に巻き込まれ、11人がケガを負う事故が起きました。

発表によると、タイ国際航空の成田発バンコク行きTG641便が乱気流に巻き込まれ、日本人1人を含む11人がケガを負ったということです。

高度21,000フィート付近で乱気流に巻き込まれたということですが、飛行機はその後ほぼ定刻通りにバンコク国際空港スワンナプーム国際空港)に到着しました。

空港に到着後、11人は一時病院へ運ばれ手当てを受けたとのこと。負傷したのは、乗客3人・乗員8人。乗客の中には日本人男性が1人含まれているといいます。

タイ国際航空によると、11人は症状が軽いため手当てを受けたあとホテルなどに向かったということですが、乗員8人のうち1人が骨折しているとの情報もあります。

日本人男性については比較的軽傷とみられていますが、現時点でケガ人の状態に関して詳しいことは分かっていません。

この飛行機乱気流事故に関して詳しい情報が入り次第、随時更新していきます。

タイ国際航空の成田発バンコク行きTG641便が乱気流に…Twitterでの反応

行先の空港(スワンナプーム国際空港)場所の地図

この記事について

2015年2月26日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.