豊島区池袋本町で放射能-公園に毎時480マイクロシーベルトの放射線量

最終更新■

東京都豊島区池袋本町の公園で、周辺より高い放射能が検出されていたことが分かりました。現場は、豊島区池袋本町4丁目にある区立公園「池袋本町電車の見える公園」。

発表によると4月20日、近隣住民から「公園の放射線量の値が高い」と連絡があったということです。

これを受けて豊島区が公園内の遊具の近くで放射線量を測ったところ、1時間あたり最大2.53マイクロシーベルトが確認されました。

なお、この値が確認されたのは滑り台などが組み合わされた子供向け遊具の近くでしたが、公園内のその他の場所に関しては毎時0.04~0.07マイクロシーベルトだったとのこと。

これについて豊島区は「ただちに人体に影響のあるレベルではない」としています。

現時点でなぜこの公園内の放射線量が高いのか原因は分かっていませんが、豊島区は遊具の周りをフェンスで囲い、立入禁止にしました。

この「池袋本町電車の見える公園」での高い放射線量が検出された件に関して、詳しい情報が入り次第、随時更新していきます。

追記 – 毎時480マイクロシーベルトの放射線量を検出

その後の発表によると、現場の公園で毎時480マイクロシーベルトの放射線量が検出されたということです。

当初発表されていた2.53マイクロシーベルトと比較して、約190倍にもなります。

4月22日には、千代田区永田町の首相官邸で小型無人飛行機「ドローン」が見つかり、微量の放射能が検出されましたが、これとの関連については不明。

首相官邸のドローンから検出された放射線量は毎時1マイクロシーベルト、東京都内の通常の放射線量は毎時0.03~0.06マイクロシーベルトです。

これらのことからも、今回の豊島区池袋本町で検出された毎時480マイクロシーベルトは異常な数値であることが分かります。

また、なぜ当初の数値とその後の数値がこれまでにも差が出たのか、詳しいことは不明です。引き続き新しい情報が入り次第、随時更新していきます。

関連リンク:
首相官邸にドローン墜落事故-「総理大臣官邸にドローンが落下」
ドローンから放射能検出-首相官邸でテロ?放射性物質の液体か

スポンサーリンク

豊島区池袋本町の公園で毎時480マイクロシーベルトの放射能…Twitterでの反応

子供たちが遊ぶ豊島区池袋本町の公園の遊具から、毎時480マイクロシーベルトの放射線量が検出されたことを受け、Twitter上でも心配の声が多く投稿されていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高い放射線量が検出された現場(豊島区池袋本町)場所の地図

池袋本町電車の見える公園のストリートビュー

スポンサーリンク

この記事について

2015年4月23日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. とおる

    池袋、総理官邸に限らず、東京は2011年3.11で相当被ったからね。

  2. あむ

    測定せずに安全安全言ってれば、こういうところもあるんじゃないか?
    でも、あったところで対処はそう難しくないから問題ない。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.