1日100万PVを超えることもあるニュース速報Japanで利用中の高負荷対応/高速サーバWordPress専用クラウドサーバー Sova WP
ミュゼ

広島市南区でカッターナイフ突きつけ事件-男性教師が中1の男子中学生に

最終更新■

広島県広島市南区の中学校で今年9月、20代の男性教師が生徒8人の口にカッターナイフを突き付けるなどの指導を行っていたことが分かりました。

発表によると9月29日、中学1年生の担任を受け持っていた男性教諭(24)が、自身のクラスで合唱を指導した際に、男子中学生8人の口元にカッターナイフを突きつけたということです。

男子生徒らが口を大きく開けずに歌っていることに激昂し、「もっと口を開けろ」「開けないと当たるよ?いいのか?」などと言いながらナイフの刃を突きつけた模様。

なお、男性教師は学校や教育委員会に対して「刃は出していなかった。口を開ける幅を示すため、口元に持っていったが、脅すつもりはなかった」と説明していますが、被害者の男子中学生の一部は「刃が出ていた」などと説明しています。

この事件は11月20日になって保護者から学校側に相談があり発覚したもの。これを受けて中学校が調査を進めたところ、男性教師はカッターナイフを突きつけたことを一部認め、その後は学校を休んでいるということです。

幸い、被害者の中1男子らにケガはありませんでした。

問題の男性教師、過去にも体罰や暴行

今回の騒動を起こした男性教師は過去にも、生徒を注意する際に足をつかんで振り回す・尻を蹴るなどの暴行を加えていたほか、日常的に「死ね」「ばか」「しばくぞ」などの暴言を発していたということです。

男性教師は今年4月から同校に勤務しており、臨時採用だったとのこと。

広島市教育委員会は不適切な指導だったとして12月17日、この男性教師を減給1ヶ月(10分の1)の懲戒処分としました。また男性教師からは辞職願が出され、これを受理したということです。

生徒の口元にカッターナイフ、広島市南区の中学校…Twitterでの反応

広島市南区の中学校で、男性教諭が生徒の口元にカッターナイフをつきつけた事件について、Twitter上では怒りの声が多くみられました。

体罰が起きた現場付近(広島市南区)場所の地図

以下、体罰事件が起きた現場付近・広島県広島市南区の地図(Googleマップ)。

この記事について

2015年12月17日

編集部


不祥事


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.