熊本城の石垣や長塀が倒壊・損壊 天守閣の屋根瓦も破損 震度7の地震で

最終更新■

熊本県熊本市中央区本丸にある熊本城で、4月14日夜に発生した地震の影響を受けて、石垣が崩れるなどの被害が出ました。

この地震は4月14日午後9時26分ころ、熊本県中部に位置する益城町を震源として発生し、マグニチュード6.4・最大震度7を観測しました。

これを受けて熊本城では、天守閣の屋根瓦が落ちる・石垣が倒壊する・平櫓が損壊するなどの被害が出たということです。

築城から400年が経つ熊本城の周囲を囲っている長塀は、国重要文化財に指定されています。この長塀に関しては、全体の半分ほどにあたる約100mが倒壊しました。

また国特別史跡の石垣は6ヶ所で崩落が発生し、最も被害の大きい石垣は高さ約10m・幅約10mにわたって崩壊したということです。

石垣が崩落した熊本城の写真画像

石垣が崩壊したことで、周辺の歩道や道路には石が散乱していますが、大きな石は直径1mほどにもなります。幸い、この石垣崩落に巻き込まれた人はいませんでした。熊本城に通じる付近の道路は進入禁止になっています。

4月15日も熊本城には多くの観光客が訪れましたが、一連の損壊・崩落被害を受けて、危険なため閉園が決まりました。

なお、石垣全体に亀裂が入るとともに、上部分が盛り上がるなど、余震によりさらに崩れる危険性もあるということです。熊本城の総合事務所は「復旧するにはかなりの時間がかかるだろう」とコメント。

スポンサーリンク

熊本城の長塀や石垣が地震で倒壊・損壊…Twitterでの反応

益城町で震度7が観測された巨大地震を受けて、熊本城の長塀や石垣などが倒壊・損壊したことについて、Twitter上では現場の様子が写真画像付きで投稿されていました。石垣が崩れたことで白煙が巻き上がり、当初は火事が起きたのではないかと大変な騒ぎになっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

倒壊現場(熊本市中央区本丸)場所の地図

以下、熊本城がある現場・熊本県熊本市中央区本丸1−1の地図(Googleマップ)。

スポンサーリンク

この記事について

2016年4月15日

編集部


災害


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 匿名

    行方不明のしゃちほこは見つかったんかなぁ

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.