1日100万PVを超えることもあるニュース速報Japanで利用中の高負荷対応/高速サーバWordPress専用クラウドサーバー Sova WP

上げ馬神事で馬が暴走する事故 多度大社の伝統行事 三重県桑名市多度町

最終更新■

三重県桑名市多度町多度の多度大社で催されていた上げ馬神事で5月4日、暴走する事故が起きました。

発表によると5月4日午後3時前ころ、ゴールデウィーク(GW)の風物詩「上げ馬神事」にて、坂を駆け上がった馬が突然、興奮して暴れだしたということです。

上げ馬神事は、毎年この時期に多度大社で行われている伝統行事で、この日も大勢の観客であふれていました。約10万人が訪れていたとみられています。

目撃者の話によると、暴れる馬を関係者が取り押さえようとしたものの、なかなか馬は止まらず、人間が将棋倒しのような状態になっていたとのこと。悲鳴も上がるなど、現場は一時騒然としました

一方、幸いこの騒動によるケガ人はいないということです。

上げ馬神事に訪れていた人は「何もできなかった。後ずさりするだけ」「とても怖かった」などと話しています。

上げ馬神事とは

上げ馬神事は、若者が馬に乗り、約2.5mの崖を一気に駆け上がる行事で、800年以上の歴史があると言われています。

駆け上がった馬の数や順番で、農作物の出来や景気を占うということです。今回、その馬が暴れて逃げ出してしまったことで、インターネット上では「不吉だ…大変な出来事が怒るのでは」「地震が来るのかな?三重県って南海トラフ巨大地震の直撃エリアだよな…」などといった心配の声もみられました。

なお、上げ馬神事は明日も予定されており、今のところ予定通り行われるということです。

スポンサーリンク

多度大社の上げ馬神事で馬が暴走する事故…Twitterでの反応

多度大社で催されていた上げ馬神事で、馬が暴走した事故について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

馬が暴走した事故現場(三重県桑名市多度町多度)場所の地図

以下、馬が暴走した事故現場・三重県桑名市多度町多度168「多度大社」の地図(Googleマップ)。

スポンサーリンク

この記事について

2016年5月4日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 薔薇

    今日 上げ馬神事 行ったよ!
    すっごく迫力ある
    馬も人も 必死!
    馬が暴れた事が話題だけど明日もあるよ
    絶対感動する!観に行って!

  2. まー

    事故映像見たけど、壁を登りきれずに馬が失神して動かなくなって、すごく可哀想だった。神事といえども人間って酷いことさせるなーって思ったわ。

  3. りつ

    馬がかわいそうだとは思いませんか…
    恐怖心が爆発して、馬が暴走してるのではないのですか?
    馬のみにもなってあげて下さい。
    これ迄沢山の馬が大怪我をして、安楽死という悲しい現実があります。
    この平成の時代に、こんなに馬が酷使されてる事実あることに驚きました。

  4. パロリン

    見たことないやつがこんなこと書くな。一回みにきたら分かる。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.