埼京線の板橋駅で痴漢行為?警察の現場検証で電車が遅延 車内トラブル

最終更新■

東京都板橋区板橋の埼京線板橋駅で1月19日、何者かが痴漢行為をするトラブルが起き電車が遅延しているとの情報が入りました。

痴漢行為があったのは、1月19日午後7時20分ころ、板橋区板橋1丁目にある埼京線の板橋駅とみられています。このトラブルの影響で、大宮方面行の運転を見合わせています。

この痴漢行為で警察官らが現場に駆けつけ、現場検証などが行われている模様。また、板橋駅では怒号が響いているという情報もあります。

このトラブルに対してインターネット上では「アナウンスで「痴漢行為が発生しているため~」って流れた」「痴漢とか馬鹿だな」「埼京線が痴漢で止まった・・・」「痴漢のせいで運転見合わせとか勘弁して」などと様々な声が多数見られました。

関連する犯罪の法定刑

強制わいせつ罪…6月以上10年以下の懲役

埼京線の板橋駅で痴漢?警察の現場検証で運転見合わせ…Twitterでの反応

板橋区の埼京線の板橋駅で、痴漢行為が起きたことで電車が遅延していることなどについて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

痴漢のあった現場(東京都板橋区板橋)場所の地図

以下、電車内で痴漢行為のあった現場・東京都板橋区板橋1丁目15−1「板橋駅」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年1月19日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. あほ?

    冤罪?

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.