大分大学の学生が強制わいせつ事件 女性の体を触りながら携帯で撮影

最終更新■

大分県大分市の飲食店の女子トイレで、女子大生の体を触るなどしたうえ携帯で撮影したとして、大分県警大分中央署は2月6日、強制わいせつの疑いで20代の男を逮捕しました。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは、大分市旦野原に住む大分大学の経済学部4年生・冨貴優雅容疑者(22)です。冨貴優雅=ふうき ゆうが

発表によりますと冨貴優雅容疑者は1月8日午前3時ころ、大分市内にある飲食店の女子トイレで、この店でアルバイトをしていた女子大生(19)をトイレの個室に押し込み、体を触るなどのわいせつ行為をしたうえ、スマートフォンで撮影した疑いが持たれています。

女性がアルバイト先の飲食店を通じて大分中央署に被害を相談したことで事件が発覚しました。

当時、女子大生はトイレ掃除をしており、突然、冨貴優雅容疑者が女子トイレに入ってき犯行に及んだということです。また、冨貴優雅容疑者は飲食店に数人で訪れていた模様。

警察での取り調べに対して冨貴優雅容疑者は「女子大生の体を触った事は間違いありません」などと供述し、容疑を認めています。

大分大学の北野正剛学長はこの強制わいせつ事件を受け「学生が逮捕され大変遺憾です」「被害者の方に深くおわび申し上げます」などとコメントしました。

この事件に対してインターネット上では「分大生が捕まってる」「分大生がわいせつ事件で逮捕か」「大学生の事件多いな」「大分大学の学生が事件起こしている」などと様々な声が多数見られました。

大分中央署は強制わいせつ事件として、冨貴優雅容疑者から事情を聴くとともに、事件に至った経緯や犯行動機などについて詳しく捜査を進める方針です。

関連する犯罪の法定刑

強制わいせつ罪…6月以上10年以下の懲役

大分大学の学生が強制わいせつ事件で逮捕…Twitterでの反応

大分市の飲食店で、大分大学の男子学生が女子大生をトイレの個室に押し込み体を触りながらスマートフォンで撮影した事件について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

わいせつ事件現場付近(大分県大分市)場所の地図

以下、大分大学の学生がわいせつ行為をした事件現場付近・大分県大分市の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年2月6日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.