ミュゼ

蜂蜜を摂取した乳児がボツリヌス症で死亡 離乳食にハチミツ混ぜて与る

最終更新■

東京都足立区で、生後6ヵ月の乳児が蜂蜜を摂取したことが原因で乳児ボツリヌス症になり死亡していたことがわかりました。乳児ボツリヌス症での死亡例は全国初です。

発表によりますと1月中旬から2月中旬ころまで、生後6ヵ月の乳児は1日2食ほど、離乳食に蜂蜜を混ぜて与えられていたということです。

乳児は2月16日からせきや発熱などを発症、同月20日に痙攣と呼吸不全の症状がでたことで病院に救急搬送されました。その後、検査を行ったところ同月28日に乳児は乳児ボツリヌス症と診断され、同月30日に死亡が確認されました。

東京都内の医療機関から「入院している乳児から神経症状が出ていて、離乳食に蜂蜜を混ぜて与えられている」などと、保健所に連絡があったことで発覚。

乳児の便や与えていた蜂蜜を調べたところ、ボツリヌス菌が検出されました。乳児は1日あたり約10gの蜂蜜を摂取していたとみられています。

東京都は「1歳未満の乳児にハチミツを与えてはいけない」などと注意喚起していましたが、死亡した乳児の家族は蜂蜜で乳児ボツリヌス症を引き起こすことを知らなかったということです。

乳児ボツリヌス症は、生後3週~6ヵ月の乳児に多くみられ、菌が口から入り腸内で毒素を出し発症、神経麻痺症状などが主な症状です。

この乳児ボツリヌス症に対してインターネット上では「乳児に蜂蜜与えたらいけないんだ、知らなかった」「乳児ボツリヌス症?きいたことないな」「赤ちゃんにハチミツは絶対NGでしょ」「赤ちゃんに食べ物与える時はしっかり確認しないと」などと様々な声が多数見られました。

蜂蜜を摂取しボツリヌス症で乳児死亡…Twitterでの反応

足立区で、生後6ヵ月の乳児が離乳食に蜂蜜を混ぜて与えられ、乳児ボツリヌス症を引き起こし死亡したことについて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

乳児ボツリヌス症で死亡した現場付近(東京都足立区)場所の地図

以下、乳児が蜂蜜を摂取して死亡した現場付近・東京都足立区の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年4月7日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. BNJななし

    >>子供がいない人は知らなくてもおかしくないけど
    いなくても知ってるけどー。

    日本語も英語も理解できるし、
    ヒト科の親に育てられたからいろんなこと覚えてるよ。
    年下のきょうだいもいとこもいるし、
    友人とは子どもも交えて遊ぶし、
    危険なことを知っているかどうかは子どもの有無とは関係ないよ。

  2. 匿名

    無知で自分の子供なくした親もくやみきれんやろな。
    離乳食ちゃんと作ってあげる程度には良い親してたわけだしそこらのクソ親よりよっぽど子育てやってる方。

    てか子供が死んだ現場?の地図わざわざのせてこの記事はどうさせたいんだ?

  3. おい匿名

    ンダンダだしダロ韓頭弁の輩が、日本を破滅させてる頭狂スラムのクズを同情してやる時だけ似非関西弁で成り済ますな

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.