ミュゼ

伊藤博文さん遺体で発見 行方不明の静岡県警の刑事部長 自殺の可能性

最終更新■

伊藤博文さんの顔写真の画像静岡県警察本部の刑事部門のトップを務める刑事部長行方不明になっていましたが4月13日、山中で刑事部長とみられる遺体が見つかりました。警察は自殺の可能性が高いとみて捜査しています。

行方不明となっていたのは、静岡市葵区内に住む静岡県警察本部の刑事部長・伊藤博文さん(58)です。伊藤博文=いとう ひろふみ

発表によりますと伊藤博文さんは4月10日午後5時20分ころ、静岡市内の自宅に帰宅した後、同日午後9時ころから1人で外出、その後連絡が取れず行方不明になっていたということです。

同日11日になっても外出したまま帰ってこないことを不審に思った家族が、静岡中央署に捜索願を出しました。

この捜索願を受理し、警察は60人態勢で静岡市内を中心に捜索したところ、同月13日午前9時ころ、静岡市郊外の山中で遺体となって見つかりました。

静岡県警は、伊藤博文さんの遺体が見つかった現場の状況などから、自殺を図った可能性が高いとみて調べています。

伊藤博文さんは暴力団などの壊滅や弱体化を担当する組織犯罪対策部門を率いており、浜松市内の警察の署長を経て、2016年3月から静岡県警の刑事部長を務めていました。

伊藤博文さんは自殺と見られているということですが、現時点では、遺書などの有無についての詳しい情報はわかっておりません。

この伊藤博文さんの行方不明を受け静岡県警察本部警務課の森本俊典課長は「体調不良やトラブルがあったのかなどの詳細は不明」「まずは行方を捜したい」などと話していました。

伊藤博文さんが行方不明になった当時の状況

伊藤博文さんは自宅に帰宅した後、10日午後9時ころ、携帯電話や財布などの所持品を自宅に残したまま外出していたということです。

また、車で外出した形跡もなく、徒歩で自宅を出たとみられています。

11日になっても帰宅していないことを不審に思い、同日午前8時ころ伊藤博文さん妻が「今日は出勤できない」「自宅にきてほしい」などと警察に連絡したことで発覚。

その後、警察官らが60人態勢で捜索したところ、伊藤博文さんとみられる男性が静岡市葵区にある山林の崖下に転落し、死亡した状態で発見されたということです。

静岡県警は自殺の可能性が高いとみて、家族などから事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

静岡県警察本部の刑事部長の伊藤博文さんが行方不明になり遺体で見つかったニュースのキャプチャ画像

画像出典:ANN

行方不明の静岡県警刑事部長か 山中で発見

2017/4/13 :00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

殺人罪…死刑または無期もしくは5年以上の懲役
死体遺棄罪…3年以下の懲役

静岡県警察本部の伊藤博文さん遺体で発見…Twitterでの反応

静岡県警察本部の刑事部長の伊藤博文さんが、10日から行方不明になっており、13日に崖下で遺体となって見つかったことで、Twitter上でも大変な話題となっていました。

遺体発見現場付近(静岡県静岡市葵区)場所の地図

以下、伊藤博文さんが遺体となって見つかった現場付近・静岡県静岡市葵区の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年4月13日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.