唐津駅で電車にひかれ左足切断-自ら通報

佐賀県唐津市新興町にある「JR筑肥線唐津駅」で3月26日午前4時10分ころ、50代の男性から「唐津駅のホームで、左足の膝から下を切断した。救急車を呼んで欲しい」と119番通報がありました。

通報を受け消防隊員らが現場に駆け付けたところ、119番通報した男性が6両編成の回送列車の下で助けを求めており、左足の膝から下が切断されていた状態だったということです。

男性はその後、病院に運ばれて手当てを受けています。重傷ではありますが、意識はあり命に別状はありません。

ひかれたのは佐賀市に住む公務員の男性で、前日25日の夕方から唐津市内で同僚と酒を飲んでいたといい、午後8時半ころに佐賀行きの列車に乗るため唐津駅に向かいました。

その際、男性は泥酔状態だったといい、警察は酔った男性が誤ってホームから転落したとみています。

このホームには、25日の午後10時半前ころに回送列車が到着しており、朝まで止まったままでした。

男性は佐賀行きの電車に乗る予定だったものの、その電車に乗ることは出来ず、回送列車が到着するまでの間に線路に転落したものと思われます。

そして回送列車にひかれ左足が切断されたものの、6時間近く気付かずに寝込んでいて、午前4時ころに目覚めたところ電車にひかれていることに気付いて119番通報したとみられています。

回送列車の先頭車両には、血痕が残っていました。

警察は、事故に至った経緯について、男性から詳しく事情を聴いています。

電車にひかれ男性が足切断 6時間後に自ら通報 佐賀・JR唐津駅 – FNNニュース

男性の話やJR九州のコメント

男性(通報した際の電話内容)

「JR唐津駅のプラットホームで、左足の膝から下を切断した。救急車を呼んで欲しい」

男性(警察からの事情聴取)

「よく覚えていない。ひかれたことに全く気付かなかった」

JR九州

「事故当時の状況を、現在詳しく調べているところであるため、現時点ではコメント出来ない。今後、この男性と接触した回送電車の運転士や、当直の駅員などから詳しく話を聞く方針だ」

事故発生現場(JR唐津駅)場所の地図


大きな地図で見る


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function related_posts() in /home/breakingnews/breaking-news.jp/public_html/wp-content/themes/bnj/single_adnone.php:40 Stack trace: #0 /home/breakingnews/breaking-news.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(74): include() #1 /home/breakingnews/breaking-news.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/breakingn...') #2 /home/breakingnews/breaking-news.jp/public_html/index.php(17): require('/home/breakingn...') #3 {main} thrown in /home/breakingnews/breaking-news.jp/public_html/wp-content/themes/bnj/single_adnone.php on line 40