ミュゼ

パキスタンでヘリコプター墜落事故-大使ら6人死亡 外交官らのヘリ

最終更新■

パキスタンで5月8日、外国の代表団の乗ったヘリコプター墜落する事故が起きました。ノルウェーやフィリピンの大使など6人が死亡。

発表によると5月8日、パキスタン北部の学校で、外国の外交官などを乗せたヘリコプターが墜落したということです。

これにより、ヘリコプターのパイロット2人、ノルウェーの大使、フィリピンの大使、マレーシアの大使の夫人、インドネシアの大使の夫人など、計6人が死亡しました。

なお、その他にも複数の負傷者が出ているとみられていますが、詳しい容態などは分かっていません。死者がさらに増える可能性もあります。

事故当時、墜落した現場の学校には児童もいたということですが、子供たちの被害情報なども詳細不明です。

墜落したヘリコプターは、外国の代表団を乗せたヘリコプター3機のうちの1機です。これらのヘリコプターには計37ヶ国による外交使節団が搭乗していました。

現時点で墜落した事故原因は分かっていませんが、一部ではテロを疑う声も挙がっており、インターネット上では騒然としています。

このヘリコプター墜落による外交官(大使)らの死傷事故について、詳しい情報が入り次第、随時更新していきます。

追記① – 日本人の大使は別のヘリに乗り無事

その後の発表によると、日本人の大使は別のヘリコプターに乗っていたということで、無事でした。

また当初3機と発表されていたヘリは4機とみられています。

墜落したのは軍のヘリコプターで、死亡した6人のほか、ポーランドの大使とオランダの大使がケガを負った模様。

パキスタン軍は、ヘリコプターが墜落した原因などについて詳しく調べています。

追記② – タリバンが撃墜を表明、テロか

イスラム武装勢力「パキスタン・タリバン運動」が、大使ら6人が死亡したヘリの墜落について、「撃墜した」との犯行声明を出しました。

声明によると、標的はパキスタンのナワズ・シャリフ首相だったとしていますが、現時点でこの声明の信ぴょう性は確認できていません。

パキスタンでヘリコプター墜落事故で大使死亡…Twitterでの反応

ヘリコプターの墜落事故はたびたび報道されますが、今回は大使などの要人が乗っており、さらに複数ヶ国の要人が死亡したということで、Twitter上でも衝撃の声が多くみられました。

墜落事故現場付近(パキスタン)場所の地図

以下、ヘリコプターが墜落した事故現場・パキスタンの地図(Googleマップ)。

この記事について

2015年5月8日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.