ミュゼ

せいし工場原料タンク爆発事故-作業員転落し死亡 紀宝町「紀州工場」

最終更新■

三重県紀宝町の北越紀州製紙で4月20日、タンク爆発し男性作業員が死亡する事故が起きました。

この製紙工場のタンク爆発事故により死亡したのは、四日市市に住む狩野徹さん(38)です。狩野徹=かのう とおる

発表によると4月20日午前9時40分ころ、紀宝町鵜殿の北越紀州製紙「紀州工場」で、再生紙の原料を貯蔵するタンクが爆発したということです。

事故当時、狩野さんは配管を修復する準備をするため、再生紙用の原料パルプが入っている高さ約20mのタンクに上がり作業をしていたところ、爆発が起きたということです。

この爆発で狩野さんはタンクから転落し、全身を強く打つなどし死亡しました。

北越紀州製紙によりますと、爆発後、タンクの天井板がめくれていることから、原料タンクの中になんらかのガスが発生し爆発した可能性があるということです。

紀宝警察署は、業務上過失致死の疑いも視野にいれ、爆発事故が起きた原因や当時の状況などについて詳しく調べていく方針です。

製紙工場でタンク爆発 約20m転落し作業員が死亡

2016/4/20 19:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

関連法定刑

関連する犯罪の法定刑

業務上過失致死罪…5年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金

紀宝町の北越紀州製紙「紀州工場」でタンク爆発事故…Twitterでの反応

三重県紀宝町の北越紀州製紙「紀州工場」で原料タンクが爆発し、タンクの上で作業していた男性作業員が転落し死亡した事故について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

爆発事故が起きた現場(三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿)の地図

以下、原料タンクが爆発しタンクの上で作業していた男性が転落し死亡した事故現場・三重県南牟婁郡紀宝町鵜殿182「紀州工場」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2016年4月20日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. suusan

    御冥福をお祈りします。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.