ミュゼ

サーファーの男性が足の甲をサメに噛まれ大ケガ 黒潮町の入野海岸

最終更新■

高知県幡多郡黒潮町の入野海岸で、サーファーの男性がサメに足の甲を噛まれ負傷していたことがわかりました。

発表によりますと7月24日午後7時ころ、幡多郡黒潮町の入野海岸で、サーフィンをしていた黒潮町に住む男性(29)が左足の甲をサメに噛まれて負傷したということです。

男性は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けた結果、足の甲を縫うなどの全治1ヵ月の大ケガを負いましたが、幸い命に別状はありません。

土佐清水海上保安署によりますと、男性は7月24日午後6時ころから、1人でサーフィンをしており、波打ち際から約10m離れた水深約50㎝の浅瀬でサーフィンボードに乗ろうとしたところ、サメに左足を噛まれ振り回されるような動きをしていたということです。

サメに噛まれた男性は海上保安署に対し「1ヵ月前くらいからこの海岸で、体長約2mくらいのサメのような生物を目撃した情報を聞いていた」などと話しました。

このことなどからインターネット上では「海が怖くなった」「サメからよく逃げられたな」「海水浴場にサメっているんだ」「海でサメとは遭遇したくない」などと様々な声が多数見られました。

黒潮町は、サメの目撃情報などから、町内放送を流したほか、海岸付近にサメの注意を呼びかける看板を設置しました。また、近くにある入野海岸と浮津海岸の2ヵ所の海水浴場は、いずれも遊泳禁止とした模様。

黒潮町の入野海岸でサーファーがサメに噛まれる…Twitterでの反応

黒潮町の入野海岸で、サーフィンをしていた男性が左足の甲をサメに噛まれ大ケガしたことについて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

サメに噛まれた現場(高知県幡多郡黒潮町)場所の地図

以下、サーファーの男性がサメに噛まれた現場・高知県幡多郡黒潮町入野「入野海岸」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2016年7月25日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.