4歳の男児が電車にはねられる人身事故 岡山市東区瀬戸町のJR山陽線

最終更新■

岡山県岡山市東区瀬戸町瀬戸のJR山陽線の線路で2月22日、4歳の男児が電車にはねられ死亡する人身事故が起きました。

発表によりますと2月22日午前8時30分ころ、岡山市東区瀬戸町瀬戸のJR山陽線の線路上で、走行中の岡山発相生行き電車にはねられたということです。

この人身事故で男児は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けましたが、間もなく死亡が確認されました。

岡山県警赤磐署によりますと、事故現場にはフェンスや安全柵などは設置されておらず、斜面を上がれば誰でも線路に侵入できる状態だったということです。

警察の調べに対して電車を運転していた運転士は「線路に男児が立っていることに気付き、急ブレーキをかけたが間に合わなかった」などと説明しました。当時、電車には約60人の乗客がいましたが、幸いケガ人は出ていません。

この人身事故で、上下線ともに普通電車が4本運休になり、最大で約1時間の遅れが出ました。

現時点では、男児が線路に立ち入った経緯などについての詳しい情報はわかっておりません。

この人身事故に対してインターネット上では「4歳児が電車にはねられたのか」「親は何をしているんだ」「安全柵がないとか危なすぎ」「事故が起きてからでは遅い」などと様々な声が多数見られました。

赤磐署は、周囲に設置された防犯カメラの映像解析を進めるとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

岡山県岡山市東区瀬戸町瀬戸のJR山陽線の4歳の男児が電車にはねられ死亡した人身事故のニュースのキャプチャ画像

画像出典:ANN

線路内に立ち入り・・・4歳男児が電車にはねられ死亡

2017/2/22 13:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

岡山市のJR山陽線で人身事故、4歳児が電車にはねられ死亡…Twitterでの反応

岡山市東区瀬戸町のJR山陽線で、4歳の男児が線路に立ち入り電車にはねられ死亡した人身事故について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

人身事故現場付近(岡山県岡山市東区瀬戸町瀬戸)場所の地図

以下、4歳の男児が電車にはねられた人身事故現場付近・岡山県岡山市東区瀬戸町瀬戸の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年2月22日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.