明治神宮に油のような液体かけられる事件 文化財に同様の被害が相次ぐ

最終更新■

東京都渋谷区代々木神園町にある明治神宮で4月4日、鳥居の脚や門の扉など2ヵ所でのような液体がかけられているのが見つかりました。

発表によりますと4月4日、渋谷区代々木神園町の明治神宮で、鳥居の脚や南神門の扉など少なくとも2ヵ所で油のような液体がかけられた跡が見つかったということです。

沖縄県那覇市首里にある首里城や京都市左京区の下鴨神社などで、油がまかれる被害が相次いでいることを受け、4日に明治神宮の関係者が見回りをしたところ液体がかけられた跡を発見し、警察に通報したことで事件が発覚。

4月に入り文化財に油のような液体をかけられる被害が相次いでいることなどから、警察は、それぞれの被害の関連性などについて調べています。

現時点では、文化財に誰が何の目的で液体をかけているのかなどの詳しい情報はわかっておりません。

警視庁は、周囲に設置された防犯カメラの映像解析を進めるとともに、犯人の行方を追っています。

-追記- 明治神宮の事件で中国人の女2人に逮捕状・指名手配

その後の発表によりますと、警視庁は4月13日、建造物損壊の疑いで中国人の40代の女2人の逮捕状を取り指名手配しているということです。

事件現場付近に設置された防犯カメラの映像などを調べたところ、中国人の女2人が捜査線上に浮上した模様。

警察は、全国の文化財で起きていた同様の事件に関与した可能性も視野に、中国人の女の行方を追っています。

関連する犯罪の法定刑

器物損壊罪…3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料

スポンサーリンク

明治神宮の鳥居の脚や門の扉に油かけられる被害…Twitterでの反応

渋谷区にある明治神宮で、鳥居の脚や南神門の扉などに油のような液体がかけられる被害が相次いでいることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

油被害を受けた現場(東京都渋谷区代々木神園町)場所の地図

以下、文化財に油をかけられる被害を受けた事件現場・東京都渋谷区代々木神園町1−1「明治神宮」の地図(Googleマップ)。

スポンサーリンク

この記事について

2017年4月4日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. ゲスト

    韓国人がネットで呼びかけてやった犯行ではないか?憶測やけど

  2. にゃんこ

    ある程度の証拠が出た場合、自国民がそんな事件を起こしたと言うことで、先ず国として賠償金を出すように国際法で決めることは出来ないのだろうか?
    パスポートを出して、外国に送り出すと言うことは、その国の代表者と言う自覚をもって欲しいし、自覚を持ってない(少なくとも犯罪を犯すような)人間を国外に出してはいけないと思う。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.