大村市久原の熊野神社で自殺 中学3年の男子生徒が首をつり死亡

最終更新■

長崎県大村市久原の神社で4月12日、中学生の男子生徒が首をつって死亡しているのが見つかりました。自殺とみられています。

発表によりますと4月12日午前7時ころ、大村市久原にある「熊野神社」の敷地内で、付近に住む中学3年生の男子生徒(14)が首をつった状態で見つかったということです。

通行人が「若い男性が首をつっている」などと、長崎県警に110番通報があったことで発覚。

この通報を受け警察官や救急隊が現場に駆けつけたところ、男子生徒が木の枝にロープをかけて首をつっていたということです。男子生徒はその場で死亡が確認されました。

同月11日午後8時ころまで、男子生徒が自宅にいるのを家族が確認していることなどから、男性生徒は同日午後8時以降に外出して自殺を図ったとみられています。

男子生徒が通う市立中学校によりますと、男子生徒は2016年4月に近畿地方の中学校から転校してきていたということです。

また、4月6日に始業式があり、男子生徒は通常通り登校しており、男子生徒に対してのイジメやトラブルなどは把握していない模様。

この中学生の自殺に対してインターネット上では「最近、若い子の自殺多い気がする」「中学生か・・・まだこれからなのに」「相談できる人がいなかったのかな」などと様々な声が多数見られました。

現時点では、遺書などの有無についての詳しい情報はわかっておりません。

長崎県警は自殺とみて、男子生徒の友人や学校の教員などから事情を聴くとともに、当時の現場の状況などについて詳しく調べています。

長崎県大村市久原の神社で中学生が自殺したニュースのキャプチャ画像

画像出典:ANN

神社で首つった状態・・・中3男子自殺か 新学期に何が

2017/4/12 19:00頃にANNnewsCHがYoutubeにアップロードした動画

大村市久原で男子中学生が首吊り自殺…Twitterでの反応

大村市久原の熊野神社で、中学3年生の男子生徒が枝にロープを巻き付け首をつっていたことで、自殺の可能性が高いことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

自殺現場(長崎県大村市久原)場所の地図

以下、男子中学生が首吊り自殺を図った現場・長崎県大村市久原2丁目「熊野神社」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年4月12日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.