ミュゼ

秋葉原駅に不審物 昭和通り口の改札が閉鎖 爆発物処理班駆けつけ騒然

最終更新■

東京都千代田区にある秋葉原駅で4月23日、爆発物の疑いのある不審物が見つかったとの情報が入りました。

不審物が見つかったのは、4月23日午前11時10分ころ、千代田区にある秋葉原駅のトイレとみられています。この不審物が見つかった影響で、昭和通り口の改札が閉鎖された模様。

以下は、Twitterユーザーが秋葉原駅の状況をスマートフォンで撮影し、投稿したものです。

現場には既に爆発物処理班や警察官らが駆けつけるとともに、不審物の処理にあたっています。

Twitterでは「爆弾の可能性があるらしい」「爆発物が見つかった」などとという情報が多数見られましたが、詳細は不明です。

秋葉原駅の昭和通り口の改札などには規制線が張られるとともに、通行人などが心配そうに様子を伺うなどして騒然としています。

現時点では、不審物が爆発物だったのか、または何者かが仕掛けたイタズラだったのかなどの詳しい情報はわかっておりません

この不審物が見つかったことに対してインターネット上では「爆発物処理班が秋葉原駅にいる」「秋葉原駅が大変なことになってる」「昭和通り口の改札が封鎖された」「これは本間に爆発物かも」などと様々な声が多数見られました

この秋葉原駅のトイレで見つかった不審物事件について、詳しい情報が入り次第随時更新していきます。

-追記- 秋葉原駅の不審物、爆発物ではないこが判明

その後の発表によりますと、爆発物処理班などが秋葉原駅のトイレで見つかった不審物の内部を調べたところ、爆発物ではないことが判明したということです。

不審物の正体は、乾電池とリード線がついた芳香剤だった模様。

警視庁万世橋署によりますと、秋葉原駅にある駅昭和通り口の多目的トイレで、清掃員が不審物を発見したことで発覚したということです。不審物は多目的トイレの荷物を置く場所の下に置かれていた模様。

世橋署は何者かのイタズラとみて、秋葉原駅に設置された防犯カメラの映像解析を進めるとともに、多目的トイレに不審物を置いた人物の行方を調べています。

秋葉原駅のトイレで不審物を発見、爆発物か…Twitterでの反応

千代田区にある秋葉原駅のトイレ内で、爆発物の可能性のある不審物が見つかり、昭和通り口の改札が閉鎖されたことなどについて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

爆発物発見現場(東京都千代田区外神田)場所の地図

以下、駅のトイレで不審物が見つかった現場・東京都千代田区外神田1丁目「秋葉原駅」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年4月23日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. 自作自演

    法案通すためなのかな。
    やりそうなことだ。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.