噴水が女児の股間直撃する事故 陰部から大量の出血 靱公園の人工池

最終更新■

大阪府大阪市西区靱本町にある靱公園で、女児が人工池の噴水で遊んでいた際、噴水の水が股間直撃し重傷を負っていたことがわかりました。

発表によりますと2016年6月ころ、大阪市西区靱本町の公園「靭公園」の人工池で、父親(38)と遊んでいた女児(4)の股間に、勢いよく出た噴水の水が直撃したということです。

当時、女児はパンツ姿で人工池で遊んでおり、水中に設置されてある水の吹き出し口をまたぐようにしてしゃがんでいました。水が噴射した直後、女児は股間の痛みを訴え泣き始め、パンツには大量の血がついていた模様。

その後、父親と付近にいた母親はタクシーで女児を病院に連れて行きましたが、この病院では止血できなかったため、別の病院に救急搬送されました。その後、女児は搬送先の病院で止血手術を受け、4日間入院しました。

女児の手術をした病院の医師(33)によりますと、女児がはいていたパンツは破けておらず、出血の原因となった傷は、噴水の水が直撃したことによる、陰部の中の傷だったということです。また、陰部の中から異物などは見つからなかった模様。

また、医師は「水の噴き出した角度・水圧・噴き出し口の距離などの条件が重なったことが原因と思われます」などと話しました。

靭公園の人工池は深さ約20㎝で、水柱を作る噴水が一定間隔で噴き出していたということです。

靱公園を管理する公園事務所は、人工池の立ち入りを禁止しており、付近には張り紙で注意を促していました。

この事故に対してインターネット上では「処女膜貫通したってこと」「処女膜を4歳で失ったのか・・・」「このから噴水で遊ぶ子供が増えるから気を付けないと」「陰部に直撃は痛そう」などと様々な声が多数見られました。

この事故を受け公園事務所は、この人工池の水圧を下げたということです。

噴水が女児の股間直撃で重傷、大阪市西区靱本町…Twitterでの反応

大阪市西区靱本町の靱公園で、人工池で遊んでいた女児の股間に噴水が直撃し、重傷を負った事故について、Twitter上でも大変な話題となっていました。

事故現場(大阪府大阪市西区靱本町)場所の地図

以下、女児の股間に噴水が直撃した事故現場・大阪府大阪市西区靱本町2丁目「靱公園」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年4月28日

編集部


事故


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. チェリーボーイ

    「陰部から大量の出血」ってことは、4歳にして処女膜が破れたってことだな
    可哀想に、、、

  2. 名無しやねん

    親が悪い!
    これは…自己責任や!

    • ちょっと考えんでも判るでしょ

      「親が悪い」と「自己責任」て思いっきり矛盾してるぞ。

  3. どどど童貞ちゃうわ!

    処女膜が本当に膜だと思ってる童貞の多い事

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.