神奈川県警の女性警察官が積立金154万円着服「ホストクラブ通うため」

最終更新■

神奈川県警南署の女性警察官が、ホストクラブに通うため職場の積立金を着服していたことがわかりました。女性警察官は停職3カ月の懲戒処分となり、依願退職しました。

発表によりますと2015年11月~2017年2月まで、横浜市南区にある南署生活安全課の女性巡査(24)が、同僚らから集めた慰安旅行の積立金約154万円をホストクラブで使っていたということです。

今年2月に同僚らから集めた積立金が不正に引き出されていたことがわかり、南署内で調査したところ、積立金の会計を担当していた女性巡査が着服を認めたことで発覚しました。

女性巡査は2015年11月~2017年2月までに、東京都新宿区のホストクラブに約60回以上も通っていました。

また、女性は調べに対して「はじめは友人とホストに通っていたが、楽しくて1人で行くようになった」「多い時は月に十数回行き、1回で約10万円ほど使っていた」などと話しました。

女性巡査が着服していた積立金は、同僚ら15人から慰安旅行などのため、毎月の給料から引き落とされていた模様。

女性巡査はホストクラブで貯金を使い果たし、消費者金融などから約500万円以上の借金をしていました。

この着服で女性巡査は停職3ヵ月の懲戒処分を受け、4月28日付けで依願退職しました。女性巡査が着服した全額を家族が返済し、被害者を受けた同僚らが処罰を望んでいないとして、監察官室は立件を見送る方針です。

スポンサーリンク

神奈川県警南署の女性警察官が積立金着服、ホストクラブに通う…Twitterでの反応

神奈川県警南署の生活安全課の女性巡査が、同僚から集めた旅行の積立金を着服して、ホストクラブに通っていたことなどについて、Twitter上でも大変な話題となっていました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性巡査の勤務場所(神奈川県横浜市南区大岡)場所の地図

以下、積立金を着服していた女性警察官が勤務していた場所・神奈川県横浜市南区大岡2丁目31番4号「南警察署」の地図(Googleマップ)。

スポンサーリンク

この記事について

2017年4月28日

編集部


不祥事


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. A

    警察官も人間なんだし…とは思うが神奈川県警の印象の悪さは否定できない。

  2. 笑ったろ

    女もチヤホヤされたいんだね

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.