大阪府立今宮工科高校のバレー部で体罰?顧問が生徒に顔面スパイク

最終更新■

大阪府大阪市西成区にある大阪府立今宮工科高校で撮影されたバレー部練習動画がTwitter(ツイッター)に投稿され、虐待や体罰の疑いもあることなどから大変な話題となっています。

問題の動画は5月14日ころ、大阪府立今宮工科高校のバレー部の練習で、顧問とみられる男性が、ダイビングレシーブで床に飛び込む高校2年生の男子生徒の顔面を狙いスパイクを打ったり、ボールを投げたりするというものです。

今宮工科高校男子バレー部顧問虐待

2017/5/15 Youtubeにアップロードされた動画

この男子生徒がしているのは「ダイビングレシーブ」という、打ち込み役が左右に投げたボールを床に飛び込んでレシーブするというものですが、投げ込み役の顧問の男性は至近距離から床に飛び込む男子生徒の顔面に向けて全力でスパイクを打っています。

今宮工科高校バレー部の体罰動画の画像

男子生徒はその後も顧問の男性が投げたボールを床に飛び込みながら追いかけますが、体力の限界なのか足がもつれている様子もうかがえます。

その後、男子生徒が顧問が投げたボールのレシーブを成功させると、顧問の男性は男子生徒に向け全力で顔面にスパイクを打っています。

顧問の先生が顔面スパイクする画像

男子生徒は顧問の男性が打ったスパイクなどが顔面に数発ほどあたっていましたが、幸いケガはないということです。大阪府教育委員会から大阪府立今宮工科高校へ連絡があったことで発覚しました。

この動画を受け顧問の男性は学校の調べに対して「指導の一環です」「他のバレー部の部員にも同じような練習をしています」などと話しました。

また、府教委高等学校課は「動画を確認する限り適切な指導ではない」「全容が分かり次第、検討します」などと話しました。

この問題の動画に対してインターネット上では「この先生は鬼コーチ、完全に体罰だろ」「ガッツリ顔面にボール当たってる」「このバレー部には入りたくない」「体罰とか恐い」などと様々な声が多数見られました。

一方で、「こうゆう練習はバレー部では当たり前だった」「見た目はひどかもしれないが、こんな練習をしていた」などという声も多数見られました。

関連する犯罪の法定刑

暴行罪…2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金、または拘留もしくは科料
傷害罪…15年以下の懲役または50万円以下の罰金

大阪府立今宮工科高校のバレー部で顔面スパイク、体罰か…Twitterでの反応

大阪市西成区にある大阪府立今宮工科高校で、顧問の男性がバレー部の練習で男子生徒の顔面に向けてスパイクを打っていた動画で、体罰の疑いもあることなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

動画撮影場所(大阪府大阪市西成区出城)場所の地図

以下、バレー部の顧問が生徒に顔面スパイクをしている動画が撮影された場所・大阪府大阪市西成区出城1丁目1−6「今宮工科高等学校」の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年5月16日

編集部


その他


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.