名古屋市緑区で女子高生の死体遺棄事件 赤ちゃんをカバンに入れて出頭

最終更新■

愛知県名古屋市緑区の住宅で、生後間もない赤ちゃんの遺体を遺棄したとして、愛知県警緑署は5月18日、死体遺棄の疑いで女子高生を逮捕しました。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、名古屋市緑区に住む高校2年生の女子高生(16)です。

発表によりますと女子高生は5月10日ころ、名古屋市緑区の自宅に新生児の遺体を遺棄した疑いが持たれています。

女子高生は5月17日午後7時10分ころ、名古屋市緑区青山にある愛知県警緑署に、赤ちゃんの遺体が入った手提げかばんを持って訪れたということです。

女子高生は緑署を訪れた当初「妊娠したかもしれない」などと警察に相談していましたが、その後「家で子供を産んで、自分の部屋に遺体を隠していました」「耐えれなくなった」などと話したことで事件が発覚しました。

女子高生は遺体を持参したカバンの中に入れており、遺体はタオルで包まれ、へその緒が付いた状態でした。

現時点では、赤ちゃんの遺体の死因や死亡時期などについての詳しい情報はわかっておりません。

この死体遺棄事件に対してインターネット上では「育てれないなら避妊しろ」「高校生が妊娠か・・・」「妊娠させた男の責任はどうなる」「赤ちゃんが可哀想・・・」などと様々な声が多数見られました。

緑署は死体遺棄の疑いとして、女子高生や両親などから事情を聴くとともに、事件に至った経緯や犯行動機などについて詳しく捜査を進める方針です。

関連する犯罪の法定刑

死体遺棄罪…3年以下の懲役

名古屋市緑区で死体遺棄事件、女子高生を逮捕…Twitterでの反応

名古屋市緑区の自宅で、女子高生が新生児の遺体を遺棄した死体遺棄事件で、女子高生がカバンに遺体を入れて出頭したことなどから、Twitter上でも大変な話題となっていました。

事件現場付近(愛知県名古屋市緑区)場所の地図

以下、女子高生が赤ちゃんの遺体を遺棄した事件現場付近・愛知県名古屋市緑区の地図(Googleマップ)。

この記事について

2017年5月18日

編集部


事件


Facebookページ

コメント掲示板

誹謗中傷・煽り・過激的・差別的なコメント、荒らし行為、短い内容や重複コメント、そのほか不適切と判断されたコメントなどは掲載が許可されない場合があります。

  1. かぐ

    妊娠が分かってからの苦悩。なにもできず、ただ時間だけが過ぎていく。今、なにを思う。子供に罪もないが母親にも罪がないと思う。二人に安らぎを

書き込む

コメント本文

お知らせ

サイト内でゲームが遊べるようになりました

グッドゲームエンパイアの画像

グッドゲームビックファームの画像

サイト内検索

Google+

フェイスブック

ツイッター

広告

Copyright© ニュース速報Japan All Rights Reserved.